【Q】筋肉注射後に注射部位を揉む必要がある薬剤はなにがあるか?

【A】筋肉注射後に「注射部位を揉む」必要がある薬剤はアミノグリコシド系抗生物質製剤などが挙げられます。その理由は、注射部位が硬くなるのを防ぐためです。添付文書には「硬結を来すことがあるので、注射直後は、局所を十分にもむこと。」などと記載されています。

また、フストジル注射液(グアイフェネシン注射液) などのように吸収をよくするため「注射部位を揉む」必要がある薬剤もあります。

以下に添付文書に記載がある薬剤を挙げました。

 

 

抗ヒスタミン剤

・クロダミン注  (クロルフェニラミンマレイン)

・ポララミン注  (クロルフェニラミンマレイン)

 

アミノグリコシド系抗生物質製剤 

・アルベカシン硫酸塩注射液 (アルベカシン)

・イセパマ…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】アタラックス錠とアタラックス-Pカプセルの違いは?

【A】アタラックス錠はヒドロキシジン塩酸塩であり、アタラックス-Pカプセルはヒドロキシジンパモ酸塩である。アタラックス錠が発売された後にアタラックス-Pカプセルが発売された。アタラックス錠は味が苦く、潮...

新着記事

【Q】ダイアート錠の後発品は遮光保存であるが、先発品は遮光保存でない理由は?

【質問】ダイアート (AGの「DSEP」も含む) は、添付文書上に【遮光保存】の記載がなく、バラ錠も流通しているのに対して、ジェネリックのアゾセミド「JG」は【遮光保存】の記載があるのは何故でしょうか。 【A】2...

【Q】カロナール錠500mgが劇薬の理由は?

【質問】カロナールは何故500mgの規格だけが【劇薬】に区分されているのでしょうか。 成分が同じでも規格によって【劇薬】か否かが異なる薬剤はカロナールしか寡聞にして知りませんが、他にもあるんでしょうか。 ...

【Q】新型コロナ感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまでの接種期間は?

【質問】新型コロナウイルス感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまで、空けるべき期間には決まりがありますか? コロナワクチンとインフルエンザワクチンは同時接種可能、ずらして打つ場合も日数に...

新着記事をもっと見る