【Q】ニカルジピン注射液のpHは?血管外漏出について

【A】ニカルジピン注射液のpHは3.0〜4.5と酸性である。ニカルジピン注射液による血管障害について報告があるため注意が必要である。

溶液及び溶解時
pH:3.0~4.5
浸透圧比:約1 (生埋食塩液に対する比)
(参考 : ペルジピン注射液、ニカルジピン塩酸塩注射液「日医工」 添付文書)

一般的に抗がん剤以外の血管外漏出に注意すべき薬剤
高浸透圧薬、血管収縮、電解質補正、強アルカリ性薬剤
一般に pH < 4.1 もしくはpH > 9の薬剤で血管障害が起こりやすいとされている

 

ニカルジピン注射液の投与 14 時間以降に血管障害が発現しやすいことが報告されている
(Am J Med, 1988, 85, 331-338.)

ニカルジピン注射液による血管障害が高頻度に発現していることが報告され…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】ニカルジピン注射液のpHは?血管外漏出について

【A】ニカルジピン注射液のpHは3.0〜4.5と酸性である。ニカルジピン注射液による血管障害について報告があるため注意が必要である。 溶液及び溶解時 pH:3.0~4.5 浸透圧比:約1 (生埋食塩液に対する比) (参考 : ...

新着記事

【Q】ダイアート錠の後発品は遮光保存であるが、先発品は遮光保存でない理由は?

【質問】ダイアート (AGの「DSEP」も含む) は、添付文書上に【遮光保存】の記載がなく、バラ錠も流通しているのに対して、ジェネリックのアゾセミド「JG」は【遮光保存】の記載があるのは何故でしょうか。 【A】2...

【Q】カロナール錠500mgが劇薬の理由は?

【質問】カロナールは何故500mgの規格だけが【劇薬】に区分されているのでしょうか。 成分が同じでも規格によって【劇薬】か否かが異なる薬剤はカロナールしか寡聞にして知りませんが、他にもあるんでしょうか。 ...

【Q】新型コロナ感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまでの接種期間は?

【質問】新型コロナウイルス感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまで、空けるべき期間には決まりがありますか? コロナワクチンとインフルエンザワクチンは同時接種可能、ずらして打つ場合も日数に...

新着記事をもっと見る