【Q】リウマチの患者さんに処方されているソアレジン錠とは何の薬か。

【A】ソアレジン錠250mgは平成26年9月30日に経過措置が終了した薬剤である。サラゾスルファピリジン腸溶錠250mg「テバ」へ名称変更となり、2013年12月に薬価基準収載された。アザルフィジンEN錠の後発品である。

ソアレジン錠250mgの開発を企画し、医薬発第481号 (平成11年4月8日) に基づき規格及び試験方法を設定、加速試験、 生物学的同等性試験を実施し、2001年3月に承認を取得、2001年7月発売に至った。その後、「医療事故を防止するための医薬品の表示事項及び販売名の取扱いについて」(平成12年9月19日医薬発第935号) に基づき、販売名をサラゾスルファピリジン腸溶錠250mg「テバ」と変更し、2013年7月に承認を取得し、2013年12月に薬価基準収載された。
(サラゾスルファピリジン腸溶錠 250mg「テバ」 インタビューフォームより)

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

新着記事

べピオゲル・エピデュオゲル・デュアックゲルの貯法が異なる理由は?

【質問】べピオ、エピデュオ、デュアック配合ゲルはいずれも過酸化ベンゾイルを含有していますが、それぞれの貯法の温度が異なるのは何故でしょうか。 【A】エピデュオゲルとベピオゲルは過酸化ベンゾイルを含有...

セフメタゾールの適切な用量設定について

【質問の要約】 CMZ(セフメタゾール)の用量設定について、重症度に応じた高用量使用の根拠が不明確で、新人からの質問に回答できず困っています。JAID/JSCの感染症治療ガイドでは腎機能別の投与量が示されていま...

帯状疱疹のワクチンは神経痛が残っている場合でも打ってもいいか?

【質問】帯状疱疹のワクチンを打つのに発疹ある急性期はダメなのは分かるのですが、神経痛が残っている場合でも打たない方が良いのでしょうか? タイミングが分からなくて困ってます 【A】帯状疱疹の発疹が治まっ...

新着記事をもっと見る