【Q】セレコックス使用中の患者で口腔内の痛みに対して使用できる薬剤はあるか?

【A】セレコックス錠の副作用として、口内炎が2%程度報告されている。(セレコックス錠 インタビューフォームより)

口内炎に対する痛みを軽減できるものとして、アフタッチ口腔用貼付剤25μg (トリアムシノロンアセトニド) などの口腔用貼付剤があげられる。口腔内などの粘膜に付着し、柔軟な薄層となって病巣患部を被覆保護し、口内炎の接触痛を緩和することができる。

以下に挙げる病院の院内製剤も使用可能と考えられる。
ただし、薬機法の承認を受けた医薬品ではないため、医薬品副作用被害救済基金制度の対象にならないため注意が必要である。

例1.
アズノール錠2mg 30錠
キシロカイン液4%  20〜60ml
生理食塩液 1000ml

症状に応じて1回50mlでうがい
(歯薬療法 Vol.27 3, 2008)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsotp1982/27/3/27_3_143/_…

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

新着記事

【Q】ダイアート錠の後発品は遮光保存であるが、先発品は遮光保存でない理由は?

【質問】ダイアート (AGの「DSEP」も含む) は、添付文書上に【遮光保存】の記載がなく、バラ錠も流通しているのに対して、ジェネリックのアゾセミド「JG」は【遮光保存】の記載があるのは何故でしょうか。 【A】2...

【Q】カロナール錠500mgが劇薬の理由は?

【質問】カロナールは何故500mgの規格だけが【劇薬】に区分されているのでしょうか。 成分が同じでも規格によって【劇薬】か否かが異なる薬剤はカロナールしか寡聞にして知りませんが、他にもあるんでしょうか。 ...

【Q】新型コロナ感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまでの接種期間は?

【質問】新型コロナウイルス感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまで、空けるべき期間には決まりがありますか? コロナワクチンとインフルエンザワクチンは同時接種可能、ずらして打つ場合も日数に...

新着記事をもっと見る