【Q】周期性嘔吐症に対しトリプタノール (アミトリプチリン) はなぜ効くのか?

【A】現在のところ周期性嘔吐症に対するトリプタノール (アミトリプチリン) の効果は解明されていない。

周期性嘔吐症は片頭痛と関係していることが多い。抗セロトニン作用による脳血管の収縮抑制が片頭痛の予防となる。また、周期性嘔吐症は消化管粘膜に高濃度に存在するセロトニンが関与しているとも考えられる。トリプタノールには抗セロトニン作用があるため、周期性嘔吐症に効果があると考えられる。

周期性嘔吐症の治療薬はシプロヘプタジンやアミトリプチリン,スマトリプタンなどがあげられる。周期性嘔吐症の要因として自律神経異常(交感神経興奮)、視床下部 – 下垂体 – 副腎の活性化、ミトコンドリア機能不全、月経(エストロゲン感受性)、食物アレルギーとも関連していると報告もある。

(参考 : B UK Li, MD. Cyclic vomiting syndrome. Post TW, ed. UpToDate. Waltham, MA: UpToDate Inc. http://www.uptodate.com (Accessed on November 7, 2018.)

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】灼熱感の訴えのある患者に使用する薬剤は?

【A】三環系抗うつ薬やSNRIなどの鎮痛補助薬の使用が考えられる。   灼熱感の訴え‥交感神経系に絡んだ神経破壊性の痛み 鎮痛補助薬の使用 ・抗うつ薬の使用 三環系抗うつ薬 アミトリプチリン(トリプタノー...

新着記事

べピオゲル・エピデュオゲル・デュアックゲルの貯法が異なる理由は?

【質問】べピオ、エピデュオ、デュアック配合ゲルはいずれも過酸化ベンゾイルを含有していますが、それぞれの貯法の温度が異なるのは何故でしょうか。 【A】エピデュオゲルとベピオゲルは過酸化ベンゾイルを含有...

セフメタゾールの適切な用量設定について

【質問の要約】 CMZ(セフメタゾール)の用量設定について、重症度に応じた高用量使用の根拠が不明確で、新人からの質問に回答できず困っています。JAID/JSCの感染症治療ガイドでは腎機能別の投与量が示されていま...

帯状疱疹のワクチンは神経痛が残っている場合でも打ってもいいか?

【質問】帯状疱疹のワクチンを打つのに発疹ある急性期はダメなのは分かるのですが、神経痛が残っている場合でも打たない方が良いのでしょうか? タイミングが分からなくて困ってます 【A】帯状疱疹の発疹が治まっ...

新着記事をもっと見る