【Q】周期性嘔吐症に対しトリプタノール (アミトリプチリン) はなぜ効くのか?

【A】現在のところ周期性嘔吐症に対するトリプタノール (アミトリプチリン) の効果は解明されていない。

周期性嘔吐症は片頭痛と関係していることが多い。抗セロトニン作用による脳血管の収縮抑制が片頭痛の予防となる。また、周期性嘔吐症は消化管粘膜に高濃度に存在するセロトニンが関与しているとも考えられる。トリプタノールには抗セロトニン作用があるため、周期性嘔吐症に効果があると考えられる。

周期性嘔吐症の治療薬はシプロヘプタジンやアミトリプチリン,スマトリプタンなどがあげられる。周期性嘔吐症の要因として自律神経異常(交感神経興奮)、視床下部 – 下垂体 – 副腎の活性化、ミトコンドリア機能不全、月経(エストロゲン感受性)、食物アレルギーとも関連していると報告もある。

(参考 : B UK Li, MD. Cyclic vomiting syndrome. Post TW, ed. UpToDate. Waltham, MA: UpToDate Inc. http://www.uptodate.com (Accessed on November 7, 2018.)

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】灼熱感の訴えのある患者に使用する薬剤は?

【A】三環系抗うつ薬やSNRIなどの鎮痛補助薬の使用が考えられる。   灼熱感の訴え‥交感神経系に絡んだ神経破壊性の痛み 鎮痛補助薬の使用 ・抗うつ薬の使用 三環系抗うつ薬 アミトリプチリン(トリプタノー...

新着記事

【Q】抗ヒスタミン点眼薬は何歳から使用可能か?

【A】主な抗ヒスタミン点眼剤は以下が挙げられます。点眼剤の年齢設定については使用経験がない、もしくは少ないことが主な理由です。点眼剤は全身への移行性が高くないことから、経験則的に添付文書に記載のある...

【Q】抗ヒスタミン点眼薬 コンタクトレンズ装着時の使用の可否は?

【A】抗ヒスタミン点眼薬のコンタクトレンズ装着時の使用可否について、主な抗ヒスタミン点眼薬である5種類を下記にあげました。ハードコンタクトレンズ装着時は基本的には点眼薬の使用は可能です。一方で、ソフ...

【Q】中等度腎機能低下患者の重症感染症に対してレボフロキサシン500mg隔日投与は妥当か。

【質問】サンフォードガイドによると、20≦CCr<50の推奨量(維持量)は750mg q48hと記載されている。 日本で販売されている規格は500mg錠or 250mg錠であり、1回量750mgの投与は通常ではない。 一方で、ニューキ...

新着記事をもっと見る