【Q】結核治療薬のイスコチン錠は抗がん剤であるか?ハイリスク薬区分について知りたい

【A】イスコチン錠の薬効分類名は結核化学療法剤であり、抗がん剤ではない。ハイリスク薬に該当しない。

効能又は効果/用法及び用量

〈適応菌種〉
本剤に感性の結核菌

〈適応症〉
肺結核及びその他の結核症

通常成人は、イソニアジドとして1日量200~500mg (4~10mg/kg) 〈2~5錠〉を1~3回に分けて、毎日又は週2日経口投与する。必要な場合には、1日量成人は1g〈10錠〉まで、13歳未満は20mg/kgまで増量してもよい。年齢、症状により適宜増減する。なお、他の抗結核薬と併用することが望ましい。
(イスコチン原末 / イスコチン錠100mg 添付文書)

ハイリスク薬に分類されるのは以下の項目である。

 

抗悪性腫瘍剤 免疫抑制剤 不整脈用剤 抗てんかん剤 血液凝固阻止剤 ジギタリス製剤 テオフィリン製剤 カリウム製剤(注射薬に限る) 精神神経用剤 糖尿病用剤 膵臓ホルモン剤 抗HIV薬 治療有効域の狭い医薬品 中毒域と有効域が接近し、投与方法・投与量の管理が難しい医薬品 体内動態に個人差が大きい医薬品 生理的要因(肝障害、腎障害、高齢者、小児等)で個人…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

新着記事

【Q】ダイアート錠の後発品は遮光保存であるが、先発品は遮光保存でない理由は?

【質問】ダイアート (AGの「DSEP」も含む) は、添付文書上に【遮光保存】の記載がなく、バラ錠も流通しているのに対して、ジェネリックのアゾセミド「JG」は【遮光保存】の記載があるのは何故でしょうか。 【A】2...

【Q】カロナール錠500mgが劇薬の理由は?

【質問】カロナールは何故500mgの規格だけが【劇薬】に区分されているのでしょうか。 成分が同じでも規格によって【劇薬】か否かが異なる薬剤はカロナールしか寡聞にして知りませんが、他にもあるんでしょうか。 ...

【Q】新型コロナ感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまでの接種期間は?

【質問】新型コロナウイルス感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまで、空けるべき期間には決まりがありますか? コロナワクチンとインフルエンザワクチンは同時接種可能、ずらして打つ場合も日数に...

新着記事をもっと見る