【Q】輸液を点滴中の患者に側管からKCL注を投与するのは可能か?(希釈濃度、速度)

【Q】末梢静脈から投与する場合、「KCL注20mEq/20mL」は添付文書上40mEq/L以下に希釈して投与する必要がある。主管より500mLの輸液(Kを含まない)が投与されている場合、その側管から①KCL20mLを原液、あるいは②100mLの生食での希釈液を投与すれば、規定の40mEq/L以下を満たすと考えてよいか。なお、シリンジポンプ、あるいは輸液ポンプを使用して、投与速度は問題ないとする。

 

【A】①と②のいずれにおいても、KCL40mEq/L以下を満たすと考えられますが、医療安全の面から、実臨床上において①と②の投与方法は避けたほうが望ましいと考えられます。

【解説】

〈用法及び用量に関連する使用上の注意〉
(1)本剤は電解質の補正用製剤であるため、必ず希釈して使用すること(カリウムイオン濃度として40mEq/L以下に必ず希釈し、十分に混和した後に投与すること).
(2)ゆっくり静脈内に投与し、投与速度はカリウムイオンとして20mEq/hrを超えないこと.
(3)カリウムイオンとしての投与量は1日100mEqを超えないこと.
(KCL注20mEqキット 添付文書より)

→添付文書上は40mE…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

新着記事

【Q】カロナール錠500mgが劇薬の理由は?

【質問】カロナールは何故500mgの規格だけが【劇薬】に区分されているのでしょうか。 成分が同じでも規格によって【劇薬】か否かが異なる薬剤はカロナールしか寡聞にして知りませんが、他にもあるんでしょうか。 ...

【Q】新型コロナ感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまでの接種期間は?

【質問】新型コロナウイルス感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまで、空けるべき期間には決まりがありますか? コロナワクチンとインフルエンザワクチンは同時接種可能、ずらして打つ場合も日数に...

【Q】心不全におけるファンタステック4とは?それぞれの投与の順番は?

【A】心不全(左室駆出率の低下した心不全=HFrEF(ヘフレフ))に対して「βブロッカー」「SGLT2阻害薬」「ARNI」「MRA」の4剤を投与することが全死亡の減少に有効であると数々の文献で、報告されています。 ・日本...

新着記事をもっと見る