【Q】腎機能の基礎知識と計算方法は?わかりやすくまとめてほしい

【A】腎機能はGFR(糸球体濾過量)から評価することができます。GFR(糸球体濾過量)とは「単位時間当たりに腎臓の糸球体により濾過される血漿量」のことを示します。

GFR(糸球体濾過量)の算出にはイヌリンが必要であり、実際にGFRを算出するには『イヌリード®注』を用いて測定しなければいけません。しかし、『イヌリード®注』は高額かつ煩雑であるため、実臨床で行うには難しいと考えられます。そのため、別の方法でGFR(糸球体濾過量)の近似値を算出する必要があります。算出する方法はいくつかあり、それぞれに特徴があるため、どれが適切かを判断する必要があります

イヌリンによる実測値‥最も理想とする算出方法である。イヌリン測定はイヌリード®注で測定できるが、高額で、煩雑であるため現実的ではない。 24時間蓄尿によるCcrの計算‥CcrはGFRの近似値である。24時間蓄尿して尿中のクレアチニン値と血清クレアチニン値からCcrを算出する。
Ccr=[尿中CRE(mg/dl)×蓄尿量(ml/分)/血清CRE(mg/dl)]×[1.73/体表面積(m2)]。
この計算は、精度が高いと考えられるが、欠点として蓄尿する手間がかかることが挙げられる。 「Cockcroft-Gault法」によるCcrの計算‥Ccrを算出する最も簡単な方法である。ただし「筋肉量…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】小児の腎機能の評価は?

【質問】小児の採血結果でクレアチニンがかなり低く、eGFRが1000を超えるような数値を見たのですが、こういったケースの要因、また本来の腎機能は何を目安にすればいいのか教えてください。 【A】「eGFRが1000を...

【Q】アリクストラ皮下注は透析患者に使用できるか?

【A】アリクストラ皮下注(フォンダパリヌクスナトリウムキット)は透析患者には禁忌であり、使用不可である。 Ccr ≧ 50 2.5mg分1 30 ≦  Ccr < 50 2.5mg分1または 1.5mg分1 20 ≦ Ccr < 30  1.5mg分1 Ccr &l...

新着記事

【Q】抗ヒスタミン点眼薬は何歳から使用可能か?

【A】主な抗ヒスタミン点眼剤は以下が挙げられます。点眼剤の年齢設定については使用経験がない、もしくは少ないことが主な理由です。点眼剤は全身への移行性が高くないことから、経験則的に添付文書に記載のある...

【Q】抗ヒスタミン点眼薬 コンタクトレンズ装着時の使用の可否は?

【A】抗ヒスタミン点眼薬のコンタクトレンズ装着時の使用可否について、主な抗ヒスタミン点眼薬である5種類を下記にあげました。ハードコンタクトレンズ装着時は基本的には点眼薬の使用は可能です。一方で、ソフ...

【Q】中等度腎機能低下患者の重症感染症に対してレボフロキサシン500mg隔日投与は妥当か。

【質問】サンフォードガイドによると、20≦CCr<50の推奨量(維持量)は750mg q48hと記載されている。 日本で販売されている規格は500mg錠or 250mg錠であり、1回量750mgの投与は通常ではない。 一方で、ニューキ...

新着記事をもっと見る