【Q】チュアブルは噛み砕いて飲む必要があるか?咀嚼の必要性は?

【質問】チュアブルについて、錠剤の服用が難しい方に練習にもなる「噛んで飲める≒飲み込めるなら噛まなくてもよい」剤形であると考えていましたが、ピートルのように噛み砕く必要がある薬剤もあると学びました。添付文書やインタビューフォームを見ても、噛まずに水で服用した動態や効果、可否についての記載がないものもあります。チュアブルという剤形について、各薬剤の注意点など個別に理解しておく必要のある情報はなにかありませんか?

余談にはなりますが、噛み砕かなくてもよいものと、必ず噛み砕かなければならないものではどちらが多いのでしょうか?

 

【A】チュアブル錠は基本的には「噛み砕く or 口腔内で溶かす」必要がある製剤です。しかし、チュアブル錠には「噛み砕く必要がある薬剤」と「噛み砕かなくてもよい薬剤」があります。例えば、「ホスレノールチュアブル錠」は効果が低下する可能性があるため噛み砕く必要があります。反対に、「ピートルチュアブル錠」や「キプレス・シングレアチュアブル錠」は噛み砕かなくても十分な効果が期待できると考えられます。以下に詳細を記載します。

チュアブル錠は,咀嚼して服用する錠剤である。 本剤は,服用時の窒息を防止できる形状とする。(第十七改正日本薬局方)

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】薬はどのような機序で着色便を出させるか?

【質問】便の色、尿の色が変わる薬剤について、その機序を教えてください。 【A】便が着色する薬剤について、添付文書等に記載があり、かつ作用機序が明確な薬剤を以下に示します。 鉄が含まれている薬剤、成分自...

新着記事

【Q】抗ヒスタミン点眼薬は何歳から使用可能か?

【A】主な抗ヒスタミン点眼剤は以下が挙げられます。点眼剤の年齢設定については使用経験がない、もしくは少ないことが主な理由です。点眼剤は全身への移行性が高くないことから、経験則的に添付文書に記載のある...

【Q】抗ヒスタミン点眼薬 コンタクトレンズ装着時の使用の可否は?

【A】抗ヒスタミン点眼薬のコンタクトレンズ装着時の使用可否について、主な抗ヒスタミン点眼薬である5種類を下記にあげました。ハードコンタクトレンズ装着時は基本的には点眼薬の使用は可能です。一方で、ソフ...

【Q】中等度腎機能低下患者の重症感染症に対してレボフロキサシン500mg隔日投与は妥当か。

【質問】サンフォードガイドによると、20≦CCr<50の推奨量(維持量)は750mg q48hと記載されている。 日本で販売されている規格は500mg錠or 250mg錠であり、1回量750mgの投与は通常ではない。 一方で、ニューキ...

新着記事をもっと見る