【Q】居宅療養管理指導の契約書内の記名押印はシャチハタが有効か?

【質問】居宅訪問の契約書について、記名押印をもらう際にシャチハタは有効ですか? 必ず認印でなければならないのでしょうか?

【A】シャチハタなどのインク浸透印はゴムが素材となっています。使用期間が長いと、ゴムの劣化や形状変化により印影が変化する可能性があるため、一時的な使用しか適さないとされています。

居宅療養管理指導に関する契約書は、2年間保存する必要があるため、一般的にはインク浸透印は適さないと考えられます。

一方で、「指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準」に関する省令の中で、「重要項を記した文書を交付して説明を行い、当該提供の開始について利用申込者の同意を得なければならない。」と記載されており、同意を得ることに関して、必ずしも契約書に押印が必要とされていません。

ただし、薬剤師会が作成した居宅療養管理指導の契約書の各様式例には署名と押印の項目が記載されているため、署名と押印があったほうが望ましいと考えられます。

「介護分野の文書に係る負担軽減について」の中でケアプランや重要事項説明等における同意等にあたり求められる、利用者や家族などの署名や押印について「押印についてのQ &A (内閣府、法務省、経済産業省(令和2年6月19日))」の取り扱いを参考に求めないこ…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

新着記事

【Q】抗ヒスタミン点眼薬は何歳から使用可能か?

【A】主な抗ヒスタミン点眼剤は以下が挙げられます。点眼剤の年齢設定については使用経験がない、もしくは少ないことが主な理由です。点眼剤は全身への移行性が高くないことから、経験則的に添付文書に記載のある...

【Q】抗ヒスタミン点眼薬 コンタクトレンズ装着時の使用の可否は?

【A】抗ヒスタミン点眼薬のコンタクトレンズ装着時の使用可否について、主な抗ヒスタミン点眼薬である5種類を下記にあげました。ハードコンタクトレンズ装着時は基本的には点眼薬の使用は可能です。一方で、ソフ...

【Q】中等度腎機能低下患者の重症感染症に対してレボフロキサシン500mg隔日投与は妥当か。

【質問】サンフォードガイドによると、20≦CCr<50の推奨量(維持量)は750mg q48hと記載されている。 日本で販売されている規格は500mg錠or 250mg錠であり、1回量750mgの投与は通常ではない。 一方で、ニューキ...

新着記事をもっと見る