【Q】セララ (エプレレノン)と併用注意と考えられるCYP3A4阻害薬は?

【質問】セララの減量基準に、CYP3A4阻害薬併用時は、1日25mgを超えないと記載されています。併用注意に記載されたCYP3A4阻害薬以外に影響を考える薬剤一覧が知りたいです。

【A】セララ錠の添付文書には「CYP3A4阻害薬と併用する場合には、本剤の投与量は1日1回25mgを超えないこと。」と記載されており、さらに具体的なCYP3A4阻害薬として「クラリスロマイシン」「エリスロマイシン」「フルコナゾール」「サキナビルメシル酸塩」「ベラパミル塩酸塩」等が挙げられています。この理由はセララ (エプレレノン)の血漿中濃度が上昇し、血清カリウム値の上昇を誘発するおそれがあるためとされています。

添付文書に記載されている薬剤はいわゆる「中程度〜強いCYP3A4阻害薬」が記載されています。これ以外の「中程度〜強いCYP3A4阻害薬」には以下があり、これらの薬剤との併用には注意する必要があります。

強い阻害薬 (相互作用を受けやすい基質薬のAUCが5倍以上に上昇)

5〜10倍
・イトコナゾール

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

新着記事

opioid naive患者 に対するフェンタニルパッチの使用は0.5mg規格のみか?

【質問】opioid naive患者 に対するフェンタニルパッチの使用ができるようになったのは低用量0.5mgの1日製剤だけでしょうか?3日製剤は適応外となりますか? 【A】オピオイドナイーブ患者に対してフェンタニル...

PPN製剤をCVポートから投与可能か?

【質問】PPN製剤をCVポートから投与することは可能なのでしょうか? 【A】PPN(末梢静脈栄養法)は通常、末梢静脈から投与されますが、成分や技術的にはCVポート(中心静脈カテーテル)からの投与も可能と考えら...

べピオゲル・エピデュオゲル・デュアックゲルの貯法が異なる理由は?

【質問】べピオ、エピデュオ、デュアック配合ゲルはいずれも過酸化ベンゾイルを含有していますが、それぞれの貯法の温度が異なるのは何故でしょうか。 【A】エピデュオゲルとベピオゲルは過酸化ベンゾイルを含有...

新着記事をもっと見る