【Q】慢性硬膜化血腫への五苓散の使用について

【A】慢性硬膜化血腫に対する効果のメカニズムはわかっていないが (2017年1月現在) 、血腫の消失に有効である症例が多数報告されている。以下参照。

五苓散の使用により慢性硬膜化血腫の予防、再発防止効果を認める症例が報告されている。
【脳神経外科医に役に立つ漢方薬, 脳神経外科速報 18 : 899-901.2008】
【超高齢者の慢性硬膜下血腫に対する五苓散料の効果 , 日本東洋医学雑誌57 (4) : 566,2006】
http://medicalfinder.jp/doi/pdf/10.11477/mf.1436100131
【五苓散による慢性硬膜化血腫の治療の試み , 漢方医学 Vol.27 No.3 2003】
http://iss.ndl.go.jp/books/R00000…

キーワード検索

お知らせ

  • 書籍『医薬品情報のひきだし』(医学書院)発売。

    2020.10.26

    2020年10月26日(月)にCloseDiのコンテンツをベースにした『医薬品情報のひきだし』(B5判、324頁、3600円(税抜)、医学書院)が発売されました。

    ・「医薬品情報に関する問い合わせ→回答」までのストーリーが図として1ページにまとめてあるので、わかりやすく、楽しく読み進められることが特徴です。

    ・表紙や裏表紙の裏はお役立ちツールで本に記載があるQRコードからダウンロード可能です。

    ・CloseDiの閲覧数を参考にした重要度スコアランキングも付録として掲載しています。

  • ビジュアルDI内に「イラスト医薬品情報」を追加しました

    2020.10.1
過去のお知らせ一覧

新着記事

【Q】TPN継続による肝機能悪化について機序、対応は?

【質問】TPN継続による肝機能悪化について機序、対応が知りたいです。 【A】高カロリー輸液 (TPN) によ...

【Q】マクロライド少量長期投与とは?

【質問】マクロライド少量長期投与について質問です。 「少量」というのは半量なのか、回数を減らすのか...

【Q】「深部静脈血栓症及び肺血栓塞栓症」に対して、イグザレルトやエリキュースには高用量開始であるがリクシアナには記載がない理由は?

【A】リクシアナは、「深部静脈血栓症及び肺血栓塞栓症」の患者に対しては、急性期の適切な初期治療(未...

【Q】NSAIDs同士の併用は可能か?

【質問】セレコックスとロキソニンの併用について質問です。 「NSAIDsの重複は疑義」と同僚に言われたの...

【Q】リスペリドン内用液をお茶やコーラと混合して服用することが不可な理由は?

【A】リスペリドン内用液は茶葉抽出飲料 (紅茶、烏龍茶、日本茶等)やコーラにより混合直後から含量が低...

更新記事

【Q】漢方薬で注意すべき食物アレルギーは?

【A】特定原材料や特定原材料に準ずるものに指定されている食物が含有された漢方薬は特に注意が必要です...

【Q】漢方の満量処方以外を勧めるケースはあるか?

【質問】漢方の満量処方以外を勧めるケースはあるのでしょうか?また、あるならどのような場合ですか? ...

【Q】輸液混注において、バッグやルートの材質に注意すべきな薬剤は?

【A】輸液バッグやルートの材質はポリエチレン (PE)、ポリプロピレン(PP)、ポリ塩化ビニル(PVC)、エチレ...

【Q】ケイツーNについて、ワーファリンを服用していない場合の腸管出血にも使用可能か?

【質問】ケイツーNについて、ワーファリンを服用していない場合の腸管出血にも使用可能でしょうか。 【A...

【Q】インスリン針は処方箋なしで販売可能か?

【質問】ペンニードルを医療機器として処方箋なしで販売することは可能か? 【A】可能であるが、販売す...

新着コメント

【Q】マクロライド少量長期投与とは?

【質問】マクロライド少量長期投与について質問です。 「少量」というのは半量なのか、回数を減らすのか...

【Q】漢方の満量処方以外を勧めるケースはあるか?

【質問】漢方の満量処方以外を勧めるケースはあるのでしょうか?また、あるならどのような場合ですか? ...

【Q】小児に対してレボセチリジン(ザイザル)の用法が分2の理由は?

【質問】ザイザルはなぜ小児だけ分2なのでしょうか? 【A】小児においては肝臓の代謝能が成人よりも高い...

【Q】PCI処置後のクロピドグレル or エフィエントの単剤療法は可能か?

【質問】PCI処置後の虚血性心疾患に対して、バイアスピリン+ (プラビックス or エフィエント)の併用療法...

【Q】コンプラビン錠が大きくて飲めない。粉砕可能か?

【A】粉砕は不可である。クロピドグレル硫酸塩錠 (先発品 : プラビックス) とアスピリン錠 (バイアスピ...

関連記事

【Q】慢性硬膜化血腫への五苓散の使用について

【A】慢性硬膜化血腫に対する効果のメカニズムはわかっていないが (2017年1月現在) 、血腫の消失に有効である症例が多数報告されている。以下参照。 五苓散の使用により慢性硬膜化血腫の予防、再発防止効果を認め...