【Q】注腸・坐剤として使用される漢方薬は?

【質問】小児における「五苓散注腸」という手法を拝見しました。そこで気になったのですが、五苓散以外の漢方薬や内服薬についても、経口投与困難な時に注腸されるケースはあるのでしょうか?

【A】漢方の注腸についてはいくつか報告があり、坐剤を作成するケースもあります。五苓散の注腸・坐剤の有用性についてはドンペリドン坐剤と比較した報告などもあり、漢方薬の中では最も多く報告されています。(小児の嘔吐に対する五苓散坐剤の効果  -ドンペリドン坐剤との比較-, 日本病院薬剤師会誌, 34, 1173-1176, 1998)
五苓散は水分代謝調節の機能をもった白朮、沢瀉、猪苓などの成分が含有されており、悪心、頭痛、めまい、下痢、腹痛、発熱などに用いられ、小児で頻発する急性胃腸炎から下痢などの症状に効果があると考えられます。

また、消化器癌終末期患者で、利尿剤を使用後も全身の浮腫が改善しなかった際に、五苓散坐剤の使用後に改善したと学会にて報告されています。(第70回 日本消化器外科学会学会)

五苓散以外には、イレウスに対して大建中湯厚朴生姜半夏甘草人参湯

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

キーワード検索

お知らせ

  • ビジュアルDIを「薬剤師イラスト素材集」にアップデートしました。

    2021.3.6

    講演会や勉強会開催でのスライド資料作成や実習生への指導などに役に立つ「素材集」です。

    プレミアム会員のみがダウンロードできます。

  • 書籍『医薬品情報のひきだし』(医学書院)発売。

    2020.10.26

    2020年10月26日(月)にCloseDiのコンテンツをベースにした『医薬品情報のひきだし』(B5判、324頁、3600円(税抜)、医学書院)が発売されました。

    ・「医薬品情報に関する問い合わせ→回答」までのストーリーが図として1ページにまとめてあるので、わかりやすく、楽しく読み進められることが特徴です。

    ・表紙や裏表紙の裏はお役立ちツールで本に記載があるQRコードからダウンロード可能です。

    ・CloseDiの閲覧数を参考にした重要度スコアランキングも付録として掲載しています。

過去のお知らせ一覧

新着記事

【Q】メートグラスを外用剤に使用するか?

【質問】水剤の計量について  内服薬にはメートルグラスを使いますが、外用は使わないよう言われていま...

【Q】ドキシルは壊死性 or 炎症性抗がん剤のどちらか?血管外漏出時にサビーンは使用可能か?

【質問】血管外漏出時の分類について質問です。ドキソルビシンは壊死性とされていますが、リポソーム化...

【Q】タンニン酸アルブミンとアドソルビン原末の上手な飲ませ方は?

【質問】散剤(タンニン酸アルブミン3g / 日、アドソルビン原末 3g / 日、分3)をむせて飲みにくい患者...

【Q】バイアル内の希釈時、シリンジ針先内の液量は誤差と考えるか?

【質問】希釈は陽圧操作厳守、分注は陰圧操作と手順書に記載されているのを拝見しました。  無菌調剤で...

【Q】プレフィルドシリンジ製剤を無菌調整する場合、包装を開封するタイミングは?

【質問】プレフィルドシリンジ製剤について質問です。 調剤の際、「調剤室→前室→無菌室→クリーンベンチ...

更新記事

【Q】無菌調剤室の共同利用はクリーンベンチなどの設備があるだけで、無菌調剤室はなくても可能か?

【質問】「無菌室」があれば共同利用契約を交わすことができるようですが、調剤室に無菌設備があるだけ...

【Q】混注後の輸液キャップが外れた場合の対応について

【質問】混注後の輸液キャップについて  無菌室にて混注・キャップをして持ち出したあと、冷蔵庫でキャ...

【Q】注腸・坐剤として使用される漢方薬は?

【質問】小児における「五苓散注腸」という手法を拝見しました。そこで気になったのですが、五苓散以外...

【Q】薬剤シートから薬の取り出しが困難な患者から一包化するよう依頼された場合、外来服薬支援料は算定可能か?

【質問】疾患による手先の不自由(しびれ、ふるえ等)によりシートから薬剤を取り出すのが困難な患者に対...

【Q】デュロキセチン (サインバルタ) を疼痛緩和目的に服薬する場合、頓服ではなく継続することが必要か?

【質問】抗うつ剤は効果を実感できるまで継続の必要がありますが、これを痛み止めとして使用する場合も...

新着コメント

【Q】水剤や点眼剤、貼付剤などに「開封後はなるべく速やかに使用」と記載があるが、どれくらいの期限まで使用可能か?

【質問】「開封後はなるべく速やかに使用」と水剤や貼付剤に記載されていますが、目安となる期間はどれ...

【Q】薬局から病院に点滴などを分譲することは可能か?

【質問】院外薬局に処方できる注射薬には規定がありますが、たとえば アセリオを病院が薬局に分譲依頼 →...

【Q】分注後のプリビナ点眼の期限は?

【質問】分注後のプリビナ点眼は蓋をすれば期限いっぱいまで使えるのでしょうか? 一度開封した時点で無...

Q. 心不全に使用されるβ-遮断薬のカルベジロールとビソプロロールの違いは?

カルベジロール (アーチスト)  β1/β2+α 受容体を遮断 →立ちくらみがしばしば出ることがある 降圧効果 ...

【Q】浣腸は連用による耐性が生じるか?

【質問】「直腸にしか働きかけない浣腸は連用による耐性は生じない」「経口大腸刺激性下剤は連用により...

関連記事

【Q】注腸・坐剤として使用される漢方薬は?

【質問】小児における「五苓散注腸」という手法を拝見しました。そこで気になったのですが、五苓散以外の漢方薬や内服薬についても、経口投与困難な時に注腸されるケースはあるのでしょうか? 【A】漢方の注腸に...

【Q】漢方薬で注意すべき食物アレルギーは?

【A】特定原材料や特定原材料に準ずるものに指定されている食物が含有された漢方薬は特に注意が必要です。 具体例を挙げると、山芋アレルギーは山薬が含有されている「八味地黄丸」「牛車腎気丸」「六味丸」、小...