【Q】ロペミン、タンナルビンを使用しても下痢が止まらない患者がいる。何か提案できるものはあるか。

【A】ブチルスコポラミン臭化物錠10mg、コデインリン酸塩散1%などが「便秘」に適応がある薬剤の中でロペミンやタンナルビンと作用機序が異なり、効果が高い薬剤であると考えられる。また、キョウベリン錠、アドソルビン原末、ラックビー錠、ミヤBMなどの整腸剤、五苓散エキス顆粒なども下痢症状改善の一つとして提案できると考えられる。

 

ブチルスコポラミン臭化物錠10mg 【適応】胃・十二指腸潰瘍、食道痙攣、幽門痙攣、胃炎、腸炎、腸疝痛、痙攣性便秘、機能性下痢、胆のう・胆管炎、胆石症、胆道ジスキネジー、胆のう切除後の後遺症、尿路結石症、膀胱炎、月経困難症

コデインリン酸塩散1%
【適応】各種呼吸器疾患における鎮咳・鎮静、疼痛時における鎮痛、 激しい下痢症状の改善

キョウベリン錠100
【適応】下痢症

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】注腸・坐剤として使用される漢方薬は?

【質問】小児における「五苓散注腸」という手法を拝見しました。そこで気になったのですが、五苓散以外の漢方薬や内服薬についても、経口投与困難な時に注腸されるケースはあるのでしょうか? 【A】漢方の注腸に...

【Q】腎障害患者に対するマグコロールPの代替薬は?

【質問】腎障害患者に対するマグコロールPの代替薬は?一つの案として、新薬モビコール配合内用剤は代替薬として使用可能? 【A】腎障害のある患者へのマグコロールP「検査前の腸管内容物の排除」の代替薬として...

新着記事

【Q】抗ヒスタミン点眼薬は何歳から使用可能か?

【A】主な抗ヒスタミン点眼剤は以下が挙げられます。点眼剤の年齢設定については使用経験がない、もしくは少ないことが主な理由です。点眼剤は全身への移行性が高くないことから、経験則的に添付文書に記載のある...

【Q】抗ヒスタミン点眼薬 コンタクトレンズ装着時の使用の可否は?

【A】抗ヒスタミン点眼薬のコンタクトレンズ装着時の使用可否について、主な抗ヒスタミン点眼薬である5種類を下記にあげました。ハードコンタクトレンズ装着時は基本的には点眼薬の使用は可能です。一方で、ソフ...

【Q】中等度腎機能低下患者の重症感染症に対してレボフロキサシン500mg隔日投与は妥当か。

【質問】サンフォードガイドによると、20≦CCr<50の推奨量(維持量)は750mg q48hと記載されている。 日本で販売されている規格は500mg錠or 250mg錠であり、1回量750mgの投与は通常ではない。 一方で、ニューキ...

新着記事をもっと見る