【Q】タンニン酸アルブミンとアドソルビン原末の上手な飲ませ方は?

【質問】散剤(タンニン酸アルブミン3g / 日、アドソルビン原末 3g / 日、分3)をむせて飲みにくい患者に対する対応として服薬支援ゼリー及び単シロップを提案しましたが、それ以外の手段はありますか?

【A】タンニン酸アルブミンは味がなく、またアドソルビン原末は水にはほとんど溶けず、砂のようなざらつき感があるため、服薬しづらい散剤の一つです。これらに対する服薬支援ゼリーや単シロップ以外の服薬方法については、食品を用いた服薬方法が挙げられます。小児における散剤の服薬方法に関する報告(小児科臨床 Vol.60 No.2, 337-349. 2007)を参考し、「むせて飲みにくい患者」に対しては、ヨーグルト、プリン、アイスクリームやハチミツなどの食品を検討することも選択肢の一つと考えられます。

以下に詳細を記載します。

タンニン酸アルブミン (味なし)
・飲みやすくなる食品‥アイスクリーム、ヨーグルト、はちみつ
・味は変わらない‥プリン、チョコクリーム、ピーナッツクリーム、ガムシロップ、ポタージュ

ア…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】散剤の薬価は「g単位」?「包装単位」?

【質問】散剤の薬価は1gあたりですか?1包装あたりですか?内用液など錠剤以外の製剤について知りたいです。   【A】基本的には「ラックビー微粒N」や「ムコダインDS50%」のように、包装とバラの両規格が販...

新着記事

【Q】抗ヒスタミン点眼薬は何歳から使用可能か?

【A】主な抗ヒスタミン点眼剤は以下が挙げられます。点眼剤の年齢設定については使用経験がない、もしくは少ないことが主な理由です。点眼剤は全身への移行性が高くないことから、経験則的に添付文書に記載のある...

【Q】抗ヒスタミン点眼薬 コンタクトレンズ装着時の使用の可否は?

【A】抗ヒスタミン点眼薬のコンタクトレンズ装着時の使用可否について、主な抗ヒスタミン点眼薬である5種類を下記にあげました。ハードコンタクトレンズ装着時は基本的には点眼薬の使用は可能です。一方で、ソフ...

【Q】中等度腎機能低下患者の重症感染症に対してレボフロキサシン500mg隔日投与は妥当か。

【質問】サンフォードガイドによると、20≦CCr<50の推奨量(維持量)は750mg q48hと記載されている。 日本で販売されている規格は500mg錠or 250mg錠であり、1回量750mgの投与は通常ではない。 一方で、ニューキ...

新着記事をもっと見る