【Q】カロナール (アセトアミノフェン) は胃腸障害の発現があるか?空腹時投与可能か?

【A】カロナールは胃腸障害のリスクを増加させることはなく、空腹時投与も可能と考えられます。空腹時投与のほうが食後投与に比べて効果発現が早いため、早急に効果を期待する場合にも空腹時投与が望ましいとされます。以下の報告を参考にしてください。

アセトアミノフェンは炭水化物とケーキや飴などの炭水化物と服用すると吸収が低下することがあります。
(あゆみ製薬株式会社 カロナール錠 インタビューフォーム)

パラセタモール(英国でアセトアミノフェン製剤)はNSAIDの同時投与がない場合、用量に関わらず、上部消化管出血のリスクが増加しなかったと報告されています。
(Br J Clin Pharmacol. 2002 Sep; 54(3): 320–326.)

 

【上部消化管出血とNSAIDsとのリスク- オッズ比】
アセトアミノフェン(コカール、カロナール) 1.2
ジクロフェナク(ボルタレン) 4.9
イブプロフェン(ブルフェン) 1.7
インドメタシン6.0
ケトプロフェン34.9
ナプロキセン(ナイキサン…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】NSAIDs同士の併用は可能か?

【質問】セレコックスとロキソニンの併用について質問です。 「NSAIDsの重複は疑義」と同僚に言われたのですが、オキシコンチンとオキノームのように「定期薬(効果のベース)」と「頓服(レスキュー)」といった形で...

【Q】ピロリ菌除菌後にPPIを継続する必要があるか?

【A】消化性潰瘍の患者は除菌後も継続する必要がある。それ以外の患者では必要はないと考えられる。 ピロリ菌除菌することでNSAIDsやバイアスピリンなど潰瘍発生リスクを低下させることができると報告されている...

新着記事

【Q】カロナール錠500mgが劇薬の理由は?

【質問】カロナールは何故500mgの規格だけが【劇薬】に区分されているのでしょうか。 成分が同じでも規格によって【劇薬】か否かが異なる薬剤はカロナールしか寡聞にして知りませんが、他にもあるんでしょうか。 ...

【Q】新型コロナ感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまでの接種期間は?

【質問】新型コロナウイルス感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまで、空けるべき期間には決まりがありますか? コロナワクチンとインフルエンザワクチンは同時接種可能、ずらして打つ場合も日数に...

【Q】心不全におけるファンタステック4とは?それぞれの投与の順番は?

【A】心不全(左室駆出率の低下した心不全=HFrEF(ヘフレフ))に対して「βブロッカー」「SGLT2阻害薬」「ARNI」「MRA」の4剤を投与することが全死亡の減少に有効であると数々の文献で、報告されています。 ・日本...

新着記事をもっと見る