【Q】メトグルコ (メトホルミン) とヨード造影剤の中止期間は?

【A】日本においては、腎機能正常患者に対するメトグルコ (メトホルミン) の中止開始時期は造影剤使用前である。また、ヨード造影剤投与後48時間は投与を再開してはいけない。海外では腎機能低下患者においては造影剤使用の48時間前に中止するなどの内容が異なっている。以下、参考資料を記載する。

ヨード造影剤を用いて検査を行う患者においては、本剤の併用により乳酸アシドーシスを起こすことがあるので、検査前は本剤の投与を一時的に中止すること(ただし、緊急に検査を行う必要がある場合を除く)。ヨード造影剤投与後48時間は本剤の投与を再開しないこと。なお、投与再開時には、患者の状態に注意すること。
(メトグルコ錠 添付文書 第9版)

腎機能正常者の中止開始時期は造影剤使用前。
腎機能障害者はメトグルコ (メトホルミン)は禁忌。
(参考 : 日本糖尿病学会編 : 科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン, 2010)
腎機能正常であり、合併症がない場合は静注前に中止の必要はない。腎機能正常であり、複数の合併症がある場合は静注時及びその後の48時間は中止する必要がある。
(American College of Radiology)
30 < eGFR < 44で静…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】橋本病に対してヨード造影剤を使用しても良いか。

【A】橋下病においては、「重篤な甲状腺疾患のある患者」に該当せず、内分泌専門医によりモニタを実施してもらうようにすれば大きな問題はないと考えられる。以下を参考とした。 甲状腺機能低下症患者や甲状腺摘...

【Q】フォシーガ錠使用患者に造影剤使用は可能か?

【A】SGLT-2阻害剤であるため使用可能である。 ヨード造影剤使用時のビグアナイド系経口血糖降下剤は以下の通り注意が必要である。 ヨード造影剤を用いて検査を行う患者においては、本剤の併用により乳酸アシドー...

【Q】血糖降下薬は併用すると低血糖リスクはあがるか?

【A】メトホルミンを含む2剤と3剤の併用では低血糖リスクは変わらない。 ・コホート研究 ・対象者 約47万人(25歳から84歳) 低血糖リスク メトホルミン+スルホニル尿素薬(SU)+グリプチン系 (3剤併用) =メト...

新着記事

【Q】カロナール錠500mgが劇薬の理由は?

【質問】カロナールは何故500mgの規格だけが【劇薬】に区分されているのでしょうか。 成分が同じでも規格によって【劇薬】か否かが異なる薬剤はカロナールしか寡聞にして知りませんが、他にもあるんでしょうか。 ...

【Q】新型コロナ感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまでの接種期間は?

【質問】新型コロナウイルス感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまで、空けるべき期間には決まりがありますか? コロナワクチンとインフルエンザワクチンは同時接種可能、ずらして打つ場合も日数に...

【Q】心不全におけるファンタステック4とは?それぞれの投与の順番は?

【A】心不全(左室駆出率の低下した心不全=HFrEF(ヘフレフ))に対して「βブロッカー」「SGLT2阻害薬」「ARNI」「MRA」の4剤を投与することが全死亡の減少に有効であると数々の文献で、報告されています。 ・日本...

新着記事をもっと見る