【Q】ビプレッソ徐放錠とセロクエル (クエチアピン) との違いは?

【A】ビプレッソ徐放錠 はクエチアピンの徐放製剤であり、同成分であるセロクエル錠 (クエチアピン)と適応や用法が異なっている。
セロクエル錠 (クエチアピン) の適応は「統合失調症」であり、ビプレッソ徐放錠は「双極性障害におけるうつ症状の改善」である。またビプレッソ徐放錠は就寝前かつ空腹時投与となっている。開始用量が異なる点も注意すべき点である。以下にまとめた。
 
〔セロクエル錠  (クエチアピン錠) との違い〕
【適応】

セロクエル錠 → 統合失調症 ビプレッソ徐放錠 → 双極性障害におけるうつ症状の改善

【規格】

セロクエル錠 → 25mg、100mg、200mg ビプレッソ徐放錠 → 50mg、150mg

 
【用法】

セロクエル錠 → 1回25mg、1日2又は3回より投与を開始し、患者の状態に応じて徐々に増量する。1日投与量は150~600mgとし、2又は3回に分けて経口投与する。最大用量は750mg。 ビプレッソ徐放錠 → 1日1回50mgより投与を開始し、2日以上の間隔をあけて1回150mgへ増量する。その後、さらに2日以上の間隔をあけて、推奨用量である1回300mgに増量する。1日1回就寝前投与で、食後2時間以上あける必要がある。 <…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

ビプレッソ徐放錠の口渇は高血糖?抗コリン作用?

【質問】ビプレッソ徐放錠について 。副作用で口渇の頻度が高いが、主に原因として考えられるのは高血糖によるものでしょうか。抗コリン作用による口渇も考えられるのでしょうか。 【回答】ビプレッソ徐放錠 (成...

【Q】エビリファイは糖尿病患者に使用可能か?

【A】エビリファイは糖尿病患者において禁忌となっていないが、有益性が上回る時のみ使用できると警告に記載されている。 エビリファイは他の抗精神病薬であるセロクエルやジプレキサとは異なり、糖尿病患者にお...

新着記事

べピオゲル・エピデュオゲル・デュアックゲルの貯法が異なる理由は?

【質問】べピオ、エピデュオ、デュアック配合ゲルはいずれも過酸化ベンゾイルを含有していますが、それぞれの貯法の温度が異なるのは何故でしょうか。 【A】エピデュオゲルとベピオゲルは過酸化ベンゾイルを含有...

セフメタゾールの適切な用量設定について

【質問の要約】 CMZ(セフメタゾール)の用量設定について、重症度に応じた高用量使用の根拠が不明確で、新人からの質問に回答できず困っています。JAID/JSCの感染症治療ガイドでは腎機能別の投与量が示されていま...

帯状疱疹のワクチンは神経痛が残っている場合でも打ってもいいか?

【質問】帯状疱疹のワクチンを打つのに発疹ある急性期はダメなのは分かるのですが、神経痛が残っている場合でも打たない方が良いのでしょうか? タイミングが分からなくて困ってます 【A】帯状疱疹の発疹が治まっ...

新着記事をもっと見る