【Q】ワーファリンとミコナゾールの併用は禁忌である。他のアゾール系の薬剤が禁忌ではない理由は?

【A】2001年にミコナゾールの添付文書が改定され、ワーファリン投与中の患者が慎重投与になった。その後も、両剤併用による重篤な出血症例の報告が継続して報告されている。そのため、2016年10月にワーファリンとミコナゾールの併用が禁忌となった。
ミコナゾール以外の経口・注射用アゾール系抗真菌剤 【イトラコナゾール (イトリゾール) 、フルコナゾール (ジフルカン) 、ホスフルコナゾール (プロジフ)、ボリコナゾール (ブイフェンド)】は使用患者数に対する副作用報告数は多くないため、慎重投与となっている。

(ワーファリン錠 添付文書 第26版)
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/170033_3332001F1024_1_30.pdf

(フロリードゲル経口用2% 添付文書 第18版)

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】プロトピック軟膏は妊婦に使用可能か?

【質問】プロトピック軟膏は妊婦や授乳婦には有益性投与、ハンドブックにも情報がなかったのですが、内服ではなく外用でも血中への移行が問題になる程度あるのでしょうか?実際、使用されるケースはありますか? ...

【Q】リュープリンSR(リュープロレリン酢酸塩)とヒスロンH(メドロキシプロゲステロン酢酸エステル)は併用禁忌か?

【A】ヒスロンH錠200mgの添付文書にはホルモン剤(黄体ホルモン、卵胞ホルモン、副腎皮質ホルモン等)を投与されている患者には禁忌と記載がある。両薬剤ともに血栓症をおこすおそれがあり、血栓症を起こすおそれ...

【Q】ワーファリンの規格で0.25mgはあるか?

【A】ワーファリンの規格で0.25mgは発売されていない。ワーファリン錠0.5mgは割線があるため、半割して0.25mgにする方法が考えられる。以下、ワーファリンの規格を示す。 ワーファリン錠0.5mg  100錠 (PTP・バラ)...

新着記事

【Q】カロナール錠500mgが劇薬の理由は?

【質問】カロナールは何故500mgの規格だけが【劇薬】に区分されているのでしょうか。 成分が同じでも規格によって【劇薬】か否かが異なる薬剤はカロナールしか寡聞にして知りませんが、他にもあるんでしょうか。 ...

【Q】新型コロナ感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまでの接種期間は?

【質問】新型コロナウイルス感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまで、空けるべき期間には決まりがありますか? コロナワクチンとインフルエンザワクチンは同時接種可能、ずらして打つ場合も日数に...

【Q】心不全におけるファンタステック4とは?それぞれの投与の順番は?

【A】心不全(左室駆出率の低下した心不全=HFrEF(ヘフレフ))に対して「βブロッカー」「SGLT2阻害薬」「ARNI」「MRA」の4剤を投与することが全死亡の減少に有効であると数々の文献で、報告されています。 ・日本...

新着記事をもっと見る