【Q】ビオスリー配合散の小児薬用量は? (5歳、体重18kg)

【A】Augsberger式から5歳で体重が18kgであれば、0.63mg〜1.26mg/日が目安となります。
ただし、『ビオスリー®』は‎活性生菌製剤製剤であり用量には幅があり、患者に応じた適切な用量とすることが必要です。

【解説】ビオスリー配合散の小児薬用量はバラツキがあります。
Augsberger式を使って小児用量を求めると。成人1日1.5〜3gであるため、5歳で体重が18kgの場合、小児量=(1.5〜3g)×(1.5×(18+10)) ÷100=0.63g〜1.26g

となります。

よって、ビオスリー配合散0.63g〜1.26gが妥当であると考えられます。

 

OTC医薬品の記載は?

ビオスリーHi錠、ビースリーH(散剤)

(武田コンシューマーヘルスケア株式会社 ビオスリーHi錠、ビースリーH 添付文書)

→同成分、同用量のOTC薬であるビオスリーHは3ヶ月以上15歳未満で1回量は1/2包と大きく幅をもたせた用量設定となっています。

Augsberger式の問題点として薬物の消失経路やクリアランスを考えておらず、適正な用量となるかは不明であることが挙げられます…

キーワード検索

お知らせ

  • 【Q&A】の買取を始めました。

    2019.12.1

    CloseDi内における医薬品情報共有の充実化と活性化のため、会員の皆様から【医薬品情報に関する「質問と回答」】を期間限定で募集することになりました。

    【質問と回答】をお送りいただき、CloseDiに掲載された場合は、1記事あたり100円〜500円のアマゾンギフトカードをメールにてお送りします。

    会員の方はTOPぺージにあるリンクから投稿をお願いします。

    非会員の方は会員登録をお願いします。

  • パンフレットを作成しました

    2019.2.27

過去のお知らせ一覧

新着記事

【Q】腹痛に対してアセトアミノフェンの効果が期待できるか?

【質問】腹痛に対してアセトアミノフェンの内服が処方されるケースがあるが、どれほど効果が期待できる...

【Q】結核治療薬のイスコチンは抗がん剤に含まれるか。ハイリスク区分の分類について知りたい。

【A】イスコチン原末 / 錠は抗菌化学療法剤に含まれるが、抗がん剤ではなくハイリスク薬に分類されない...

【Q】エルカルチン錠を服薬後に悪性症候群を起こしたという情報が添付文書以外で得られないか?

【A】添付文書やインタビューフォームの副作用の項に「エルカルチン」による悪性症候群の記載はありませ...

【Q】グリベック錠の術前の休薬期間はあるか?

【A】グリベック錠の術前の休薬期間は特にない。 ただし、グリベック錠の副作用として白血球や血小板減...

【Q】アダラートCR錠とL錠を併用してもよいか?

【質問】アダラートCRを1日60mg分2で服用中。服用後6時間後くらいに血圧上昇となりコントロール不良です...

【Q】イメンドカプセルは脱カプセル可能か?

【A】可能であると考えられます。 【解説】脱カプセルした安定性試験は行ないため、データはありません...

【Q】メチルエルゴメトリン注・錠は手術前中止する必要があるか?

【A】メチルエルゴメトリン注・錠は手術前中止する必要はありません。メチルエルゴメトリン注・錠は帝王...

【Q】インクレミンシロップは開封後どれくらい安定性があるか?残液があるのだが使用して良いか。

【A】インクレミンシロップは開封後35日間は安定と考えられます。 製剤的には【遮光保存で異物混入を考...

【Q】メプチンエアーを開封後、一部使用した後の使用期限はどれだけか。

【A】メプチンエアーの本体に記載されている使用期限まで使用可能であると考えられます。 【解説】メプ...

【Q】フエロン300万単位の室温での安定性は?

【A】フエロン300万単位の安定性についてはインタビューフォームに記載されています。 【25°C 、75%RH】...

更新記事

【Q】2日目以降のイメンドは通常朝食後内服だが、その理由は?

【A】イメンドカプセルの用法は「通常、成人及び12歳以上の小児にはアプレピタントとして抗悪性腫瘍剤投...

【Q】ロトリガ粒状カプセルの術前の休薬期間は?

【A】ロトリガ粒状カプセルの成分は「イコサペント酸エチル」と「ドコサヘキサエン酸エチル」です。 エ...

【Q】DOACの4剤、それぞれの特徴の違いは?

4種のDOACの違いのまとめ 標的因子:ダビガトランのみトロンビン(トロンビン阻害薬)、その他は第Xa因子(...

【Q】ステロイド貼付剤のステロイドランクは?

【質問】貼付剤であるエクラープラスターはODT法での使用となるため、同成分の軟膏剤であるエクラー軟膏...

【Q】ステロイド点眼薬のステロイドの強さは?

【質問】点眼・点鼻用リンデロンA液、リンデロン点眼・点耳・点鼻液0.1%、リンデロン点眼液0.01%、フル...

【Q】アフタゾロン口腔用軟膏とケナログ口腔用軟膏の強弱は?

【質問】アフタゾロン口腔用軟膏(デキサメタゾン)と医療用として販売中止となり一般用医薬品となった...

【Q】向精神薬の等価換算値は代替薬の選択の参考にして良いか

【質問】抗うつ薬のイミプラミン換算、ベンゾジアゼピン系のジアゼパム換算、抗精神病薬のクロルプロマ...

【Q】口渇の定義とは「口が渇くこと」、「喉が渇くこと」のどちらか。

【質問】抗コリン薬などの副作用として口渇や、高血糖の臨床症状として口渇がありますが、前者は唾液腺...

【Q】タルセバ錠にはアバスチン点滴のような術前休薬はあるか。

【A】「タルセバ錠」は臨床試験において創傷治癒遅延の副作用の報告はない。 また、作用機序の観点から...

【Q】ピロリ菌一次除菌後の除菌判定にPPIやH2遮断薬は影響するか?

【質問】逆流性食道炎の維持療法中の患者に対して、ピロリ菌一次除菌で「タケキャブ・サワシリン・クラ...

関連記事

【Q】『イナビル』吸入剤は何歳から吸入可能か?

【A】添付文書上では『イナビル』の吸入に年齢制限はなく、吸入可能と考えられる年齢から使用できます。『イナビル』の臨床試験時での最年少使用患者は3歳でした。しかし4〜6歳の患者は製薬メーカーから提供され...

【Q】小児に使用できるNSAIDsは?

【A】小児における解熱鎮痛剤の第一選択は「アセトアミノフェン」と考えられますが、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)で小児に推奨されるのは「イブプロフェン」である。海外でも「イブプロフェン」は子供の中で...