【Q】ビオスリー配合散の小児薬用量は? (5歳、体重18kg)

【A】Augsberger式から5歳で体重が18kgであれば、0.63mg〜1.26mg/日が目安となります。
ただし、『ビオスリー®』は‎活性生菌製剤製剤であり用量には幅があり、患者に応じた適切な用量とすることが必要です。

【解説】ビオスリー配合散の小児薬用量はバラツキがあります。
Augsberger式を使って小児用量を求めると。成人1日1.5〜3gであるため、5歳で体重が18kgの場合、小児量=(1.5〜3g)×(1.5×(18+10)) ÷100=0.63g〜1.26g

となります。

よって、ビオスリー配合散0.63g〜1.26gが妥当であると考えられます。

 

OTC医薬品の記載は?

ビオスリーHi錠、ビースリーH(散剤)

(武田コンシューマーヘルスケア株式会社 ビオスリーHi錠、ビースリーH 添付文書)

→同成分、同用量のOTC薬であるビオスリーHは3ヶ月以上15歳未満で1回量は1/2包と大きく幅をもたせた用量設定となっています。

Augsberger式の問題点として薬物の消失経路やクリアランスを考えておらず、適正な用量となるかは不明であることが挙げられます…

キーワード検索

新着記事

【Q】DOACの4剤、それぞれの特徴の違いは?

4種のDOACの違いのまとめ 標的因子:ダビガトランのみトロンビン(トロンビン阻害薬)、その他は第Xa因子(...

【Q】ステロイド貼付剤のステロイドランクは?

【質問】貼付剤であるエクラープラスターはODT法での使用となるため、同成分の軟膏剤であるエクラー軟膏...

【Q】ステロイド点眼薬のステロイドの強さは?

【質問】点眼・点鼻用リンデロンA液、リンデロン点眼・点耳・点鼻液0.1%、リンデロン点眼液0.01%、フル...

【Q】アフタゾロン口腔用軟膏とケナログ口腔用軟膏の強弱は?

【質問】アフタゾロン口腔用軟膏(デキサメタゾン)と医療用として販売中止となり一般用医薬品となった...

【Q】向精神薬の等価換算値は代替薬の選択の参考にして良いか

【質問】抗うつ薬のイミプラミン換算、ベンゾジアゼピン系のジアゼパム換算、抗精神病薬のクロルプロマ...

【Q】口渇の定義とは「口が渇くこと」、「喉が渇くこと」のどちらか。

【質問】抗コリン薬などの副作用として口渇や、高血糖の臨床症状として口渇がありますが、前者は唾液腺...

【Q】タルセバ錠にはアバスチン点滴のような術前休薬はあるか。

【A】「タルセバ錠」は臨床試験において創傷治癒遅延の副作用の報告はない。 また、作用機序の観点から...

【Q】ピロリ菌一次除菌後の除菌判定にPPIやH2遮断薬は影響するか?

【質問】逆流性食道炎の維持療法中の患者に対して、ピロリ菌一次除菌で「タケキャブ・サワシリン・クラ...

【Q】「レベニン散」と「ミヤBM」の併用で効果の相乗効果があるか?

【質問】【ビオスリー配合散】は乳酸菌、酪酸菌、糖化菌の3種混合の製剤で、互いの共生関係により腸内細...

【Q】腎機能の基礎知識と計算方法は?わかりやすくまとめてほしい

【A】腎機能はGFR(糸球体濾過量)から評価することができます。GFR(糸球体濾過量)とは「単位時間当たりに...

更新記事

【Q】牛乳アレルギー児に対して、散薬の賦形は乳糖の使用は可能か。

【A】牛乳アレルギーは「カゼイン、乳清タンパク(α、β-ラクトグロブリンなど)」をアレルゲンとするた...

【Q】緑内障患者(閉塞隅角ではない)の患者にPL顆粒は禁忌なのか?

【A】「PL配合顆粒」などの抗コリン作用がある薬剤は閉塞隅角緑内障の患者でなければ、眼圧にほとんど影...

【Q】ビオスリー配合散の小児薬用量は? (5歳、体重18kg)

【A】Augsberger式から5歳で体重が18kgであれば、0.63mg〜1.26mg/日が目安となります。 ただし、『ビオ...

【Q】小児にあせも水を使用したい。タルク・酸化亜鉛は舐めたり、口に入っても無害であるか?

【A】タルク、酸化亜鉛は経口の場合は、実際上はほとんど無害であると考えられます。しかし大量に誤飲し...

【Q】小児に使用できるNSAIDsは?

【A】小児における解熱鎮痛剤の第一選択は「アセトアミノフェン」と考えられますが、非ステロイド性抗炎...

患者 (血清クレアチニン値(Scr) 0.7mg/dl、体重45kg、72歳女性) に『ザイザル®』錠を投与したい。用量は?

【A】 『ザイザル』はCcrにより4段階の用量に決められています。 成人患者の腎機能に対応する用法・用量...

【Q】カロナール (アセトアミノフェン) は胃腸障害の発現があるか?空腹時投与可能か?

【A】カロナールは胃腸障害のリスクを増加させることはなく、空腹時投与も可能と考えられます。空腹時投...

【Q】『イナビル』吸入剤は何歳から吸入可能か?

【A】添付文書上では『イナビル』の吸入に年齢制限はなく、吸入可能と考えられる年齢から使用できます。...

【Q】漢方薬は「食前」と「食後」で効果や副作用に違いがあるか?

【質問】漢方薬の用法は、添付文書に一律「食前投与」と記載されていますが、「食前投与」と「食後投与...

【Q】ナウゼリン錠は食後投与でも効果が低下しないか?

【A】ナウゼリン錠の効果を最大化させるためには食前投与が望ましいと考えられます。 ナウゼリン錠は食...

関連記事

【Q】『イナビル』吸入剤は何歳から吸入可能か?

【A】添付文書上では『イナビル』の吸入に年齢制限はなく、吸入可能と考えられる年齢から使用できます。『イナビル』の臨床試験時での最年少使用患者は3歳でした。しかし4〜6歳の患者は製薬メーカーから提供され...

【Q】小児に使用できるNSAIDsは?

【A】小児における解熱鎮痛剤の第一選択は「アセトアミノフェン」と考えられますが、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)で小児に推奨されるのは「イブプロフェン」である。海外でも「イブプロフェン」は子供の中で...