【Q】エパデールS(イコサペント酸エチル)は食直後投与でないとダメか?

【A】エパデール (イコサペント酸エチル) は食物を摂取することによって出される胆汁酸や食物を介して体内に吸収される、そのため、食直後の服薬が望ましいと考えられる。以下の記載にあるように、空腹時に服用した場合、エパデールの血中濃度はほとんど上昇していない。
エパデールSの保険適応も「食直後」のみである。

 

食事・併用薬の影響 絶食下の血中濃度

【参考】エパデールカプセル300のデータ 絶食下での試験においては、血漿中EPA濃度の上昇はほとんど認められなかった。本剤は動物実験にて、腸管吸収後、主にリンパ系を介して体循環に移行することが確認されているが、絶食下において血漿中EPA濃度の上昇が認められなかったのは、EPAの腸からリンパ中への移行には、胆汁酸の分泌や食物からの成分が担体として必要であるためと考えられた。なお、投与後24時間のAA (アラキドン酸) 濃度 の軽度上昇は投与日の夕食が影響を与えたものと考えられる。

(参考 : エパデールS300/エパデールS600/エパデールS900 インタビューフォーム )

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】ロトリガ粒状カプセルの術前の休薬期間は?

【A】ロトリガ粒状カプセルの成分は「イコサペント酸エチル」と「ドコサヘキサエン酸エチル」です。 エパデールSの成分は「イコサペント酸エチル」であり、血小板凝集抑制作用を有し、出血を助長する可能性があり...

【Q】エパデールは食直後投与でなければだめか?

【A】エパデールは空腹時に服薬すると血中濃度がほとんど上昇しないため、効果が得られないと考えられます。よってエパデールは食直後投与が必須と考えられます。 健康成人男性に単回経口投与した後の血中濃度は...

【Q】 エパデールの手術前における休薬期間は?

【A】出血リスクの高い手術など → 7〜10日の休薬 消化器内視鏡 → 1日休薬 (参考  抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療ガイドライン Vol.54 (7), Jul 2012) http://minds4.jcqhc.or.jp/minds/gee/20130528_Gui...

新着記事

【Q】ダイアート錠の後発品は遮光保存であるが、先発品は遮光保存でない理由は?

【質問】ダイアート (AGの「DSEP」も含む) は、添付文書上に【遮光保存】の記載がなく、バラ錠も流通しているのに対して、ジェネリックのアゾセミド「JG」は【遮光保存】の記載があるのは何故でしょうか。 【A】2...

【Q】カロナール錠500mgが劇薬の理由は?

【質問】カロナールは何故500mgの規格だけが【劇薬】に区分されているのでしょうか。 成分が同じでも規格によって【劇薬】か否かが異なる薬剤はカロナールしか寡聞にして知りませんが、他にもあるんでしょうか。 ...

【Q】新型コロナ感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまでの接種期間は?

【質問】新型コロナウイルス感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまで、空けるべき期間には決まりがありますか? コロナワクチンとインフルエンザワクチンは同時接種可能、ずらして打つ場合も日数に...

新着記事をもっと見る