【Q】ネオーラルカプセルではなく、サンディミュンカプセルを使用するのはどういう症例か?

【A】サンディミュンカプセルは油をベースとした製剤であり、消化管吸収において胆汁分泌量や食事の影響を受けやすく、吸収にばらつきが大きいという問題があった。この点を改善するため改良を加えたのがネオーラルカプセルで、水に触れるとマイクロエマルジョンを形成し、水溶性の性質を呈する。そのため、ネオーラルは吸収が速やかで、胆汁酸分泌量や食事の影響による吸収の変動が少なく、より安定した吸収が得られる製剤となっている。よって切り替え時に吸収が異なるため、注意が必要である。

サンディミュンカプセルの販売開始は1991年1月であり、ネオーラルカプセルの販売開始は2000年5月である。ネオーラルカプセルの販売開始前から継続してサンディミュンカプセルを使用している患者が現在も使用していると考えられる。

ネオーラルカプセルとサンディミュンカプセルの違いについては【薬剤師国家試験 実務】第103回 問278-279にも出題されている。
https://sagasudi.com/test180905/

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

新着記事

【Q】ダイアート錠の後発品は遮光保存であるが、先発品は遮光保存でない理由は?

【質問】ダイアート (AGの「DSEP」も含む) は、添付文書上に【遮光保存】の記載がなく、バラ錠も流通しているのに対して、ジェネリックのアゾセミド「JG」は【遮光保存】の記載があるのは何故でしょうか。 【A】2...

【Q】カロナール錠500mgが劇薬の理由は?

【質問】カロナールは何故500mgの規格だけが【劇薬】に区分されているのでしょうか。 成分が同じでも規格によって【劇薬】か否かが異なる薬剤はカロナールしか寡聞にして知りませんが、他にもあるんでしょうか。 ...

【Q】新型コロナ感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまでの接種期間は?

【質問】新型コロナウイルス感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまで、空けるべき期間には決まりがありますか? コロナワクチンとインフルエンザワクチンは同時接種可能、ずらして打つ場合も日数に...

新着記事をもっと見る