【Q】ネオーラルカプセルではなく、サンディミュンカプセルを使用するのはどういう症例か?

【A】サンディミュンカプセルは油をベースとした製剤であり、消化管吸収において胆汁分泌量や食事の影響を受けやすく、吸収にばらつきが大きいという問題があった。この点を改善するため改良を加えたのがネオーラルカプセルで、水に触れるとマイクロエマルジョンを形成し、水溶性の性質を呈する。そのため、ネオーラルは吸収が速やかで、胆汁酸分泌量や食事の影響による吸収の変動が少なく、より安定した吸収が得られる製剤となっている。よって切り替え時に吸収が異なるため、注意が必要である。

サンディミュンカプセルの販売開始は1991年1月であり、ネオーラルカプセルの販売開始は2000年5月である。ネオーラルカプセルの販売開始前から継続してサンディミュンカプセルを使用している患者が現在も使用していると考えられる。

ネオーラルカプセルとサンディミュンカプセルの違いについては【薬剤師国家試験 実務】第103回 問278-279にも出題されている。
https://sagasudi.com/test180905/

キーワード検索

新着記事

【Q】「ニフレック」を「モビプレップ」を使用後に飴や甘いものを摂取してもよいか?苦いので甘いものを摂取したい。

【A】「ニフレック」や「モビプレップ」はいわゆる下剤であり、大腸内視鏡検査の前に服薬します。これは...

【Q】エストリール腟錠とクロマイ腟錠などの膣錠の投与順序や投与間隔は?

【A】膣錠に関して投与順序や投与間隔は明確に定められておらず、片方の薬剤が崩壊後に次の薬剤を使用す...

【Q】赤チンを使用後にアレルギーを起こした患者に対して、手術時にイソジン液10%は使用可能か?

【A】「赤チン」とはマーキュロクロム液です。 マーキュロクロムとは「フルオレセインを臭素化及び水銀...

【Q】筋肉注射後に注射部位を揉む必要がある薬剤はなにがあるか?

【A】筋肉注射後に「注射部位を揉む」必要がある薬剤はアミノグリコシド系抗生物質製剤などが挙げられま...

【Q】マグネシウムとチラーヂンの併用に関する回避時間は?

【質問】マグネシウム製剤の日本の添付文書には併用に関する記載は、両製剤とも記載なし。薬の相互作用...

【Q】亜鉛とチラーヂンの併用に関する回避時間は?

【質問】亜鉛とチラーヂンの併用に関する回避時間について。米国の添付文書には他のカチオン系は回避時...

【Q】アスピリン喘息やNSAIDsにアレルギーがある人に対してアザルフィジンなどの5アミノサリチル酸製剤は投与可能か?

【A】アザルフィジンEN錠に含有されている「5-アミノサリチル酸」はアスピリン喘息やNSAIDs喘息を引き起...

【Q】ロキソニンを飲み続けると冷え性になるか?

【A】添付文書の重要な基本的注意の項には以下の記載がある。 「患者の状態を十分観察し、副作用の発現...

【Q】ザイボックス錠の食事の影響と12時間間隔にならない場合の影響は?

【質問】ザイボックス錠 (成分名:リネゾリド) の添付文書には「12時間ごとに経口投与」と記載されていま...

【Q】ナウゼリン錠は食後投与でも効果が低下しないか?

【A】ナウゼリン錠の効果を最大化させるためには食前投与が望ましいと考えられます。 ナウゼリン錠は食...

更新記事

【Q】「ニフレック」を「モビプレップ」を使用後に飴や甘いものを摂取してもよいか?苦いので甘いものを摂取したい。

【A】「ニフレック」や「モビプレップ」はいわゆる下剤であり、大腸内視鏡検査の前に服薬します。これは...

【Q】エストリール腟錠とクロマイ腟錠などの膣錠の投与順序や投与間隔は?

【A】膣錠に関して投与順序や投与間隔は明確に定められておらず、片方の薬剤が崩壊後に次の薬剤を使用す...

【Q】赤チンを使用後にアレルギーを起こした患者に対して、手術時にイソジン液10%は使用可能か?

【A】「赤チン」とはマーキュロクロム液です。 マーキュロクロムとは「フルオレセインを臭素化及び水銀...

【Q】緑内障患者(閉塞隅角ではない)の患者にPL顆粒は禁忌なのか?

【A】「PL配合顆粒」は閉塞隅角緑内障だけではなく、緑内障の患者に禁忌と考えられます。 「PL配合顆粒...

【Q】筋肉注射後に注射部位を揉む必要がある薬剤はなにがあるか?

【A】筋肉注射後に「注射部位を揉む」必要がある薬剤はアミノグリコシド系抗生物質製剤などが挙げられま...

【Q】マグネシウムとチラーヂンの併用に関する回避時間は?

【質問】マグネシウム製剤の日本の添付文書には併用に関する記載は、両製剤とも記載なし。薬の相互作用...

【Q】ビオスリー配合散の小児薬用量は? (5歳、体重18kg)

【A】Augsberger式から5歳で体重が18kgであれば、0.63mg〜1.26mg/日が目安となります。 ただし、『ビオ...

【Q】亜鉛とチラーヂンの併用に関する回避時間は?

【質問】亜鉛とチラーヂンの併用に関する回避時間について。米国の添付文書には他のカチオン系は回避時...

【Q】アスピリン喘息やNSAIDsにアレルギーがある人に対してアザルフィジンなどの5アミノサリチル酸製剤は投与可能か?

【A】アザルフィジンEN錠に含有されている「5-アミノサリチル酸」はアスピリン喘息やNSAIDs喘息を引き起...

【Q】ロキソニンを飲み続けると冷え性になるか?

【A】添付文書の重要な基本的注意の項には以下の記載がある。 「患者の状態を十分観察し、副作用の発現...