【Q】強膜炎の患者にネオーラルカプセル使用予定(100㎎/day)。服用タイミングはいつが良いか?

【A】ネオーラルカプセルは添付文書の用法には「1日2回」と記載されており、「食前」「食後」に関する記載はありません。

ネオーラルカプセルの食事に対する影響は、「空腹時」投与に比べて「食後」投与は血中濃度は低くなると報告されています。

サンディミュンよりネオーラルの方が食事による影響や胆汁分泌量の影響が受けにくい(日本内科学会雑誌 第100巻 第10号・平成23年10月10日)と報告されています。

強膜炎に対してネオーラルを使用する場合、目標とする血中濃度は設定されていないため、服用タイミングによる効果の大きな差は認められないと考えられます。

よって。ネオーラルカプセルは服用タイミングを決めて内服を継続することで血中濃度が一定に保たれることが重要であり、1日2回の「食後」or「食前」の服薬が妥当と考えられます。

 

※強膜炎は関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、またはその他の自己免疫疾患に伴って、発症することがある疾患です。原因は不明なことが多いです。主要な症状は、眼の奥深くでうずくような痛みです。

キーワード検索

新着記事

【Q】「ニフレック」を「モビプレップ」を使用後に飴や甘いものを摂取してもよいか?苦いので甘いものを摂取したい。

【A】「ニフレック」や「モビプレップ」はいわゆる下剤であり、大腸内視鏡検査の前に服薬します。これは...

【Q】エストリール腟錠とクロマイ腟錠などの膣錠の投与順序や投与間隔は?

【A】膣錠に関して投与順序や投与間隔は明確に定められておらず、片方の薬剤が崩壊後に次の薬剤を使用す...

【Q】赤チンを使用後にアレルギーを起こした患者に対して、手術時にイソジン液10%は使用可能か?

【A】「赤チン」とはマーキュロクロム液です。 マーキュロクロムとは「フルオレセインを臭素化及び水銀...

【Q】筋肉注射後に注射部位を揉む必要がある薬剤はなにがあるか?

【A】筋肉注射後に「注射部位を揉む」必要がある薬剤はアミノグリコシド系抗生物質製剤などが挙げられま...

【Q】マグネシウムとチラーヂンの併用に関する回避時間は?

【質問】マグネシウム製剤の日本の添付文書には併用に関する記載は、両製剤とも記載なし。薬の相互作用...

【Q】亜鉛とチラーヂンの併用に関する回避時間は?

【質問】亜鉛とチラーヂンの併用に関する回避時間について。米国の添付文書には他のカチオン系は回避時...

【Q】アスピリン喘息やNSAIDsにアレルギーがある人に対してアザルフィジンなどの5アミノサリチル酸製剤は投与可能か?

【A】アザルフィジンEN錠に含有されている「5-アミノサリチル酸」はアスピリン喘息やNSAIDs喘息を引き起...

【Q】ロキソニンを飲み続けると冷え性になるか?

【A】添付文書の重要な基本的注意の項には以下の記載がある。 「患者の状態を十分観察し、副作用の発現...

【Q】ザイボックス錠の食事の影響と12時間間隔にならない場合の影響は?

【質問】ザイボックス錠 (成分名:リネゾリド) の添付文書には「12時間ごとに経口投与」と記載されていま...

【Q】ナウゼリン錠は食後投与でも効果が低下しないか?

【A】ナウゼリン錠の効果を最大化させるためには食前投与が望ましいと考えられます。 ナウゼリン錠は食...

更新記事

【Q】「ニフレック」を「モビプレップ」を使用後に飴や甘いものを摂取してもよいか?苦いので甘いものを摂取したい。

【A】「ニフレック」や「モビプレップ」はいわゆる下剤であり、大腸内視鏡検査の前に服薬します。これは...

【Q】エストリール腟錠とクロマイ腟錠などの膣錠の投与順序や投与間隔は?

【A】膣錠に関して投与順序や投与間隔は明確に定められておらず、片方の薬剤が崩壊後に次の薬剤を使用す...

【Q】赤チンを使用後にアレルギーを起こした患者に対して、手術時にイソジン液10%は使用可能か?

【A】「赤チン」とはマーキュロクロム液です。 マーキュロクロムとは「フルオレセインを臭素化及び水銀...

【Q】緑内障患者(閉塞隅角ではない)の患者にPL顆粒は禁忌なのか?

【A】「PL配合顆粒」は閉塞隅角緑内障だけではなく、緑内障の患者に禁忌と考えられます。 「PL配合顆粒...

【Q】筋肉注射後に注射部位を揉む必要がある薬剤はなにがあるか?

【A】筋肉注射後に「注射部位を揉む」必要がある薬剤はアミノグリコシド系抗生物質製剤などが挙げられま...

【Q】マグネシウムとチラーヂンの併用に関する回避時間は?

【質問】マグネシウム製剤の日本の添付文書には併用に関する記載は、両製剤とも記載なし。薬の相互作用...

【Q】ビオスリー配合散の小児薬用量は? (5歳、体重18kg)

【A】Augsberger式から5歳で体重が18kgであれば、0.63mg〜1.26mg/日が目安となります。 ただし、『ビオ...

【Q】亜鉛とチラーヂンの併用に関する回避時間は?

【質問】亜鉛とチラーヂンの併用に関する回避時間について。米国の添付文書には他のカチオン系は回避時...

【Q】アスピリン喘息やNSAIDsにアレルギーがある人に対してアザルフィジンなどの5アミノサリチル酸製剤は投与可能か?

【A】アザルフィジンEN錠に含有されている「5-アミノサリチル酸」はアスピリン喘息やNSAIDs喘息を引き起...

【Q】ロキソニンを飲み続けると冷え性になるか?

【A】添付文書の重要な基本的注意の項には以下の記載がある。 「患者の状態を十分観察し、副作用の発現...