【Q】セフェピム (マキシピーム) の透析患者での投与量は?

【A】0.5g / 日を1日1回投与することが望ましいと考えられる。透析日には透析後に投与する。

血液透析 0.5g 24時間毎
血液透析により本剤の血中濃度が低下するので、本剤の投与は透析後に行うこと が望ましい
(参考 : マキシピーム 医薬品インタビューフォーム )

透析時 0.5g 分1 (透析日は透析後に投与)
(参考 : CKD診療ガイド2012 日本腎臓学会編)

透析時 0.5g / 日 投与間隔24時間 (透析日は透析後)
(参考 : 改訂3版 腎機能別薬剤使用マニュアル)

透析時 1g 分1 (透析後に1g追加)
(参考 : サンフォード感染症治療ガイド2018 第48版)

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】腎機能に応じたセフェピムの投与量の調整は?

【A】セフェピムは腎機能低下患者においては中枢神経系の副作用 (セフェピム脳症) のリスクがあるため、投与量の減量が必要となる。 なお、セフェピム脳症の発症にはトラフ濃度が相関するとされている (Lamoth F,...

【Q】アリクストラ皮下注は透析患者に使用できるか?

【A】アリクストラ皮下注(フォンダパリヌクスナトリウムキット)は透析患者には禁忌であり、使用不可である。 Ccr ≧ 50 2.5mg分1 30 ≦  Ccr < 50 2.5mg分1または 1.5mg分1 20 ≦ Ccr < 30  1.5mg分1 Ccr &l...

【Q】セフェピム (マキシピーム) の透析患者での投与量は?

【A】0.5g / 日を1日1回投与することが望ましいと考えられる。透析日には透析後に投与する。 血液透析 0.5g 24時間毎 血液透析により本剤の血中濃度が低下するので、本剤の投与は透析後に行うこと が望ましい (参...

【Q】透析患者におけるアセトアミノフェンの投与量は?

【A】以下の記載より、常用量で投与間隔を2倍での投与が推奨される。 透析患者に対して常用量は可能であるが、投与間隔を2倍にする。 (参考 : 改訂3版 腎機能別薬剤使用マニュアル)   減量基準はないが、高...

新着記事

【Q】カロナール錠500mgが劇薬の理由は?

【質問】カロナールは何故500mgの規格だけが【劇薬】に区分されているのでしょうか。 成分が同じでも規格によって【劇薬】か否かが異なる薬剤はカロナールしか寡聞にして知りませんが、他にもあるんでしょうか。 ...

【Q】新型コロナ感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまでの接種期間は?

【質問】新型コロナウイルス感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまで、空けるべき期間には決まりがありますか? コロナワクチンとインフルエンザワクチンは同時接種可能、ずらして打つ場合も日数に...

【Q】心不全におけるファンタステック4とは?それぞれの投与の順番は?

【A】心不全(左室駆出率の低下した心不全=HFrEF(ヘフレフ))に対して「βブロッカー」「SGLT2阻害薬」「ARNI」「MRA」の4剤を投与することが全死亡の減少に有効であると数々の文献で、報告されています。 ・日本...

新着記事をもっと見る