【Q】吸入ステロイドを吸入後、息を吐く場合にゆっくりと吐いた方いいのはなぜか?

【A】ゆっくりと息を吐き出すことで、肺への沈着性の向上が期待できると考えられる。

ゆっくりとした深い呼吸では、粒子は肺胞まで均一に到達して沈着しやすくなる。また、 吸入時に数秒間呼吸を止めると粒子沈着率は改善し、15秒間止めると径0.5 μmの小さい粒子の呼出を防ぎ、効果的に沈着すると報告されている。(喘息 12(4): 73 -77 1999)

15秒間の息を止めることは臨床上、難しいため、息をゆっくり吐き出すことで、その間も粒子が気管支粘膜に滲み込み、粒子沈着率が向上すると考えられる。

吸入ステロイドのみではなく、COPDや気管支喘息にもちいられる吸入剤 (抗コリン、β2刺激薬)も同様である。

 

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】マクロライド少量長期投与とは?

【質問】マクロライド少量長期投与について質問です。 「少量」というのは半量なのか、回数を減らすのか、どちらが一般的なのでしょうか? また、効果の判定はどの程度の期間が一般的ですか? 【A】「マクロライ...

【Q】『イナビル』吸入剤は何歳から吸入可能か?

【A】添付文書上では『イナビル』の吸入に年齢制限はなく、吸入可能と考えられる年齢から使用できます。『イナビル』の臨床試験時での最年少使用患者は3歳でした。しかし4〜6歳の患者は製薬メーカーから提供され...

新着記事

【Q】抗ヒスタミン点眼薬は何歳から使用可能か?

【A】主な抗ヒスタミン点眼剤は以下が挙げられます。点眼剤の年齢設定については使用経験がない、もしくは少ないことが主な理由です。点眼剤は全身への移行性が高くないことから、経験則的に添付文書に記載のある...

【Q】抗ヒスタミン点眼薬 コンタクトレンズ装着時の使用の可否は?

【A】抗ヒスタミン点眼薬のコンタクトレンズ装着時の使用可否について、主な抗ヒスタミン点眼薬である5種類を下記にあげました。ハードコンタクトレンズ装着時は基本的には点眼薬の使用は可能です。一方で、ソフ...

【Q】中等度腎機能低下患者の重症感染症に対してレボフロキサシン500mg隔日投与は妥当か。

【質問】サンフォードガイドによると、20≦CCr<50の推奨量(維持量)は750mg q48hと記載されている。 日本で販売されている規格は500mg錠or 250mg錠であり、1回量750mgの投与は通常ではない。 一方で、ニューキ...

新着記事をもっと見る