【Q】NSAIDs以外でSG顆粒のような頭痛時に使用できる薬を教えてほしい。

【A】頭痛が適応となっている薬剤は片頭痛を除けば多くない。

NSAIDs以外となるとカロナール錠 (アセトアミノフェン製剤) や漢方などの使用が適切であると考えられる。頭痛に適応がある漢方の種類は多く、症状によって使い分けることが必要である。また、感冒による頭痛であれば、PL顆粒やピーエイ錠も頭痛の適応がある。筋収縮性頭痛であればデパス錠 (エチゾラム)。自律神経症状の頭痛であればグランダキシン錠 (トフィソパム)なども選択肢の一つとなる。

 

頭痛の適応がある漢方薬 (ツムラのみ) 

ツムラ五積散エキス顆粒(医療用) ツムラ半夏白朮天麻湯エキス顆粒(医療用) ツムラ呉茱萸湯エキス顆粒(医療用) ツムラ川きゅう茶調散エキス顆粒(医療用) ツムラ当帰四逆加呉茱萸生姜湯エキス顆粒(医療用) ツムラ当帰芍薬散エキス顆粒(医療用) ツムラ柴胡桂枝湯エキス顆粒(医療用) ツムラ桂枝人参湯エキス顆粒(医療用) ツムラ桂枝茯苓丸エキス顆粒(医療用) ツムラ苓桂朮甘湯エキス顆粒(医療用) ツムラ葛根湯エキス顆粒(医療用) ツムラ通導散エキス顆粒(医療…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】注腸・坐剤として使用される漢方薬は?

【質問】小児における「五苓散注腸」という手法を拝見しました。そこで気になったのですが、五苓散以外の漢方薬や内服薬についても、経口投与困難な時に注腸されるケースはあるのでしょうか? 【A】漢方の注腸に...

【Q】NSAIDs同士の併用は可能か?

【質問】セレコックスとロキソニンの併用について質問です。 「NSAIDsの重複は疑義」と同僚に言われたのですが、オキシコンチンとオキノームのように「定期薬(効果のベース)」と「頓服(レスキュー)」といった形で...

【Q】漢方薬で注意すべき食物アレルギーは?

【A】特定原材料や特定原材料に準ずるものに指定されている食物が含有された漢方薬は特に注意が必要です。 具体例を挙げると、山芋アレルギーは山薬が含有されている「八味地黄丸」「牛車腎気丸」「六味丸」、小...

新着記事

【Q】抗ヒスタミン点眼薬は何歳から使用可能か?

【A】主な抗ヒスタミン点眼剤は以下が挙げられます。点眼剤の年齢設定については使用経験がない、もしくは少ないことが主な理由です。点眼剤は全身への移行性が高くないことから、経験則的に添付文書に記載のある...

【Q】抗ヒスタミン点眼薬 コンタクトレンズ装着時の使用の可否は?

【A】抗ヒスタミン点眼薬のコンタクトレンズ装着時の使用可否について、主な抗ヒスタミン点眼薬である5種類を下記にあげました。ハードコンタクトレンズ装着時は基本的には点眼薬の使用は可能です。一方で、ソフ...

【Q】中等度腎機能低下患者の重症感染症に対してレボフロキサシン500mg隔日投与は妥当か。

【質問】サンフォードガイドによると、20≦CCr<50の推奨量(維持量)は750mg q48hと記載されている。 日本で販売されている規格は500mg錠or 250mg錠であり、1回量750mgの投与は通常ではない。 一方で、ニューキ...

新着記事をもっと見る