【Q】サリグレンは体重減少の副作用があるか?

【A】サリグレンカプセル30mgの臨床試験において体重減少の副作用発現はなかった。しかし体重減少に関係があると考えられる副作用として「食欲不振2%、消化不良0.7%」が報告されている(サリグレンカプセル30mg インタビューフォームより)。サリグレンカプセル30mgの副作用として体重減少の可能性があると考えられる。

サリグレンカプセル30mgの作用機序は「唾液腺のムスカリン受容体に高い親和性を示し(in vitro)、ムスカリン受容体を介して速やかな唾液分泌促進作用」である。

薬剤による体重減少の理由として以下の文献が参考となる。

高齢者における薬剤による体重減少の理由として「味覚・嗅覚障害」、「食欲不振」、「口渇」、「嚥下障害」、「悪心・嘔吐」が挙げられる。中でも。味覚嗅覚障害による副作用として抗コリン薬が挙げられている。サリグレンの作用機序はコリン作動薬として分類されているため、作用機序からは説明がつかない副作用だとは考えられる。

薬剤による体重減少

味覚・嗅覚障害
アロプリ…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】TPN継続による肝機能悪化について機序、対応は?

【質問】TPN継続による肝機能悪化について機序、対応が知りたいです。 【A】高カロリー輸液 (TPN) による肝障害によりASTやALTの上昇がみられることがあります。この発症機序についてはまだ明らかにされていませ...

【Q】NSAIDs同士の併用は可能か?

【質問】セレコックスとロキソニンの併用について質問です。 「NSAIDsの重複は疑義」と同僚に言われたのですが、オキシコンチンとオキノームのように「定期薬(効果のベース)」と「頓服(レスキュー)」といった形で...

【Q】グリベック錠の術前の休薬期間はあるか?

【A】グリベック錠の術前の休薬期間は特にない。 ただし、グリベック錠の副作用として白血球や血小板減少があるため、副作用により休薬する可能性はあります。 骨髄抑制 汎血球減少(1%未満)、白血球減少(35%未...

新着記事

【Q】カロナール錠500mgが劇薬の理由は?

【質問】カロナールは何故500mgの規格だけが【劇薬】に区分されているのでしょうか。 成分が同じでも規格によって【劇薬】か否かが異なる薬剤はカロナールしか寡聞にして知りませんが、他にもあるんでしょうか。 ...

【Q】新型コロナ感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまでの接種期間は?

【質問】新型コロナウイルス感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまで、空けるべき期間には決まりがありますか? コロナワクチンとインフルエンザワクチンは同時接種可能、ずらして打つ場合も日数に...

【Q】心不全におけるファンタステック4とは?それぞれの投与の順番は?

【A】心不全(左室駆出率の低下した心不全=HFrEF(ヘフレフ))に対して「βブロッカー」「SGLT2阻害薬」「ARNI」「MRA」の4剤を投与することが全死亡の減少に有効であると数々の文献で、報告されています。 ・日本...

新着記事をもっと見る