【Q】「ハイドレアカプセル」の簡易懸濁法は可能か?

【A】「ハイドレアカプセル」の簡易懸濁法は可能と考えられます。

【55°Cで10分で崩壊し、8Frのチューブを通過】とデータがあります。

しかし「ハイドレアカプセル」は抗がん剤であるため、簡易懸濁時には調剤者の被曝の可能性があるため注意が必要です。脱カプセルも避けることが望ましいと考えられます。
(参考 : 内服薬 経管投与ハンドブック 第3版)

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

キーワード検索

お知らせ

  • トップページに新着コメントを表示しました。

    2020.9.25

    トップページに新着コメントを表示しました。

  • 未回答質問をログイン後のトップ画面に表示しました。

    2020.9.25

    未回答質問をログイン後のトップ画面に表示しました。

過去のお知らせ一覧

新着記事

【Q】「無尿の透析患者」と「腎機能低下患者」の違いは?

【質問】「無尿の透析患者」と「腎機能低下患者」のちがいは何ですか? 薬剤の用量調節が必要なのはどう...

【Q】鶏眼に対するスピール膏の連続貼付期間は?

【質問】魚の目に対するスピール膏は何日間くらい貼り続けるのが一般的でしょうか?また、芯はぽろんと...

【Q】ヘパリンロック10単位や100単位製剤の使い分けは?

【質問】ヘパリンロックについて質問です。ロック時間により使い分けることがあるかと思いますが、これ...

【Q】小児に対してレボセチリジン(ザイザル)の用法が分2の理由は?

【質問】ザイザルはなぜ小児だけ分2なのでしょうか? 【A】小児においては肝臓の代謝能が成人よりも高い...

【Q】麻薬帳簿の「前帳簿から繰り越し」という文言は必須か?

【質問】麻薬帳簿の「前帳簿から繰り越し」という文言は、帳簿にページ数を記載していれば省略可能でし...

更新記事

【Q】ブロムワレリル尿素、アリルイソプロピルアセチル尿素の鎮痛補助に関する作用機序は?

【質問】ブロムワレリル尿素、アリルイソプロピルアセチル尿素が鎮痛補助剤として使われる場合の機序は...

【Q】経鼻チューブ、胃瘻・腸瘻チューブの一般的な内径(外径)は?

【質問】経鼻チューブ、胃瘻・腸瘻チューブの一般的な内径(外径)を教えてください。 【A】カテーテルの...

【Q】ユベラとユベラNの違いは?

【質問】ユベラとユベラNの違い、使い分け、また互いの用量換算について教えてください 【A】ユベラN と...

【Q】アルコールを小分けにする際に、不適な容器はあるか?

【質問】アルコールの小分けに不向きな材質があると聞いたのですが、消毒液などの外用液や内服液剤を小...

【Q】CTCAEを使用した中止基準と介入例は (抗がん剤以外)?

【質問】副作用の重症度を評価する際にCTCAEのGradeが一つの参考になりますが、重症度を評価できてもど...

新着コメント

【Q】「服薬後フォロー」は加算があるか?医師の指示が必要か?薬歴記載様式があるか?

【質問】「服薬後フォロー」というのは特に加算や医師の指示、薬歴記載様式はないものでしょうか? 【A...

【Q】プレフィルドシリンジを使って別のアンプルから薬液を採取することは可能か?

【質問】調剤薬局での無菌調剤の際、物品の入荷に時間がかかるのですが、同患者の調製に使ったプレフィ...

【Q】インスリン製剤等注射用ディスポーザブル注射器の販売は可能か?

【質問】特定保険医療材料は、自費購入(販売)可能ですか?例えば、インスリン製剤等注射用ディスポーザ...

【Q】生理食塩液の院外処方の可否は?

【質問】院外処方で、生理食塩液を洗浄目的で単独処方する事は可能なのでしょうか?在宅患者で膀胱バル...

【Q】処方箋に記載できる注射薬は?アセリオやセレネースは?

【質問】アセリオやセレネースは在宅において調剤薬局から払い出す(調剤する)ことは可能なのでしょうか...

関連記事

【Q】抗がん剤や麻薬は基本的には一包化しない?

【質問】抗がん剤や麻薬ほどしっかり規則正しく服用してもらう必要があるとおもうのですが、基本的には分包しないよう社内ルールが設けられています。危惧しているのは分包機の不備による薬剤紛失や破壊というこ...

【Q】粉剤した錠剤と簡易懸濁法の配合変化は?

【質問】小児の難病患者に粉砕一包化調剤をすることがあります。成人は簡易懸濁法で代用できるケースも増えてきましたが、小児は端数や薬の種類が多いこともあり、難しいのが現状です。そこで、錠剤粉砕したもの...

【Q】簡易懸濁法の配合変化は?

【A】簡易懸濁法は基本的には、簡易懸濁後、長時間放置すると有効成分の分解や配合変化の恐れがあり、10分を超えて放置しないことが必要です。また、簡易懸濁法の配合変化は、注射薬の配合変化などと比較して、ま...

【Q】「ハイドレアカプセル」の簡易懸濁法は可能か?

【A】「ハイドレアカプセル」の簡易懸濁法は可能と考えられます。 【55°Cで10分で崩壊し、8Frのチューブを通過】とデータがあります。 しかし「ハイドレアカプセル」は抗がん剤であるため、簡易懸濁時には調剤者...