【Q】イメンドカプセルは脱カプセル可能か?

【A】可能であると考えられます。

【解説】脱カプセルした安定性試験は行ないため、データはありません。

アプレピタントの有効成分の各種条件下における安定性
【40℃ – 75%RH】の条件で6ヵ月変化なし

→イメンドカプセルの有効成分である「アプレピタント」の安定性は【40℃, 75%RH】の条件で6ヵ月後の変化はないため、有効成分の安定性は良好と考えられます。

イメンドカプセル製剤学的特性
・白色〜灰白色の粉末
・添加物 : ヒドロキシプロピルセルロース、ラウリル硫酸ナトリウム、精製白糖、結晶セルロース(粒)

→カプセル内やカプセル自体に製剤的加工がしているわけではないため、脱カプセルしても体内動態は大きく変わらないと考えられます。

 

 

 

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

キーワード検索

お知らせ

  • 【Q&A】の買取を始めました。

    2019.12.1

    CloseDi内における医薬品情報共有の充実化と活性化のため、会員の皆様から【医薬品情報に関する「質問と回答」】を期間限定で募集することになりました。

    【質問と回答】をお送りいただき、CloseDiに掲載された場合は、1記事あたり100円〜500円 のアマゾンギフトカードをメールにてお送りします。

    会員の方はTOPぺージにあるリンクから投稿をお願いします。

    非会員の方は会員登録をお願いします。

  • パンフレットを作成しました

    2019.2.27

過去のお知らせ一覧

新着記事

【Q】インスリン製剤等注射用ディスポーザブル注射器の販売は可能か?

【質問】特定保険医療材料は、自費購入(販売)可能ですか?例えば、インスリン製剤等注射用ディスポーザ...

【Q】キシロカインのアレルギー患者に対してエステル型局所麻酔薬は投与可能か?

【質問】キシロカイン(メチルパラベン含有)製剤に対してアレルギー疑いのある患者にエステル型局所麻酔...

【Q】プレフィルドシリンジを使って別のアンプルから薬液を採取することは可能か?

【質問】調剤薬局での無菌調剤の際、物品の入荷に時間がかかるのですが、同患者の調製に使ったプレフィ...

【Q】経皮吸収型製剤の貼付場所が製剤によって異なる理由は?

【質問】経皮吸収の貼付剤について 貼付部位がそれぞれ指定されていますが、「吸収がかわる」「AEDのと...

【Q】生理食塩液の院外処方の可否は?

【質問】院外処方で、生理食塩液を洗浄目的で単独処方する事は可能なのでしょうか?在宅患者で膀胱バル...

更新記事

【Q】他のオピオイド鎮痛剤を使用していない場合、フェントステープから開始できるか?

【質問】フェントステープはオピオイド導入の適応はありませんが、末期で在宅へ移行した患者さんでは導...

【Q】プレフィルドシリンジの内容量は表示量より多い?

【質問】点滴バッグやプレフィルドシリンジ、アンプルには少し多めの薬液が入っているかと思いますが、...

【Q】処方箋に記載できる注射薬は?アセリオやセレネースは?

【質問】アセリオやセレネースは在宅において調剤薬局から払い出す(調剤する)ことは可能なのでしょうか...

【Q】ステロイド点眼薬のステロイドの強さは?

【質問】点眼・点鼻用リンデロンA液、リンデロン点眼・点耳・点鼻液0.1%、リンデロン点眼液0.01%、フル...

【Q】輸液の混注口の保護キャップの入手方法は?

【質問】輸液の混注キャップについて エルネオパやハイカリックはメーカーから支給されるキャップを見た...

新着コメント

【Q】生理食塩液の院外処方の可否は?

【質問】院外処方で、生理食塩液を洗浄目的で単独処方する事は可能なのでしょうか?在宅患者で膀胱バル...

【Q】処方箋に記載できる注射薬は?アセリオやセレネースは?

【質問】アセリオやセレネースは在宅において調剤薬局から払い出す(調剤する)ことは可能なのでしょうか...

【Q】他のオピオイド鎮痛剤を使用していない場合、フェントステープから開始できるか?

【質問】フェントステープはオピオイド導入の適応はありませんが、末期で在宅へ移行した患者さんでは導...

【Q】輸液の混注口の保護キャップの入手方法は?

【質問】輸液の混注キャップについて エルネオパやハイカリックはメーカーから支給されるキャップを見た...

【Q】「不眠時」に対するセニラン坐薬の使用は審査機関から保険適応と認められるか?

【質問】以前にガン末期の患者さんに「不眠時」使用としてセニランの坐薬が処方され、錠剤には不眠に対...

関連記事

【Q】イメンドカプセルは脱カプセル可能か?

【A】可能であると考えられます。 【解説】脱カプセルした安定性試験は行ないため、データはありません。 アプレピタントの有効成分の各種条件下における安定性 【40℃ – 75%RH】の条件で6ヵ月変化なし →イ...

【Q】フエロン300万単位の室温での安定性は?

【A】フエロン300万単位の安定性についてはインタビューフォームに記載されています。 【25°C 、75%RH】の条件で、それぞれの期間における力価は以下の通りとなっている。 開始時 100%、2ヶ月 97~103%、4ヵ月 92~...