【Q】抗不整脈薬におけるKチャネル遮断薬の作用機序の違いは?

【A】

ソタロール (ソタコール) : 強いβ受容体遮断作用+K(主にIkr) チャネル遮断作用 → 左室機能(↓ ) ・ 洞調律 (↓ ) ニフェカラント (シンビット) : 純粋にK(Ikr)チャネル遮断作用のみ→左室機能 (→)・洞調律(→) アミオダロン (アンカロンなど):K( 主にIks)チャネル遮断作用+Caチャネル遮断作用+Naチャネル遮断作用+αおよびβ受容体遮断作用 →左室機能 (→)・洞調律 (↓)

※ソタロールとニフェカラントはK (Ikr)チャネルを遮断するのでアミオダロンと比較するとQT延長を起こしやすいが、アミオダロンはK (Iks) チャネルを遮断をするので上述した2剤と比較してQT延長を起こしにくいと考えられる。

・Ikr‥電流の速い成分
・Iks‥電流の遅い成分

 

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】アミオダロン注からアミオダロン錠への切り替え換算は?

【A】 添付文書には、注射から経口への切り替えに関しては以下の記載のみ。 不整脈停止後は心電図の連続監視下で患者の状態を十分に観察しながら徐々に経口剤に切り替える等の方法で、出来るだけ速やかに経口投与...

【Q】アミオダロン速崩錠を小児に処方したいが 粉砕可能か?

【A】アミオダロン塩酸塩速崩錠100mg「TE」に関する該当資料はない。先発品であるアンカロン錠100の粉砕後の安定性のデータはある。 【Q】アンカロン錠 (アミオダロン) の粉砕の可否は? 以上の記事よりアンカ...

新着記事

opioid naive患者 に対するフェンタニルパッチの使用は0.5mg規格のみか?

【質問】opioid naive患者 に対するフェンタニルパッチの使用ができるようになったのは低用量0.5mgの1日製剤だけでしょうか?3日製剤は適応外となりますか? 【A】オピオイドナイーブ患者に対してフェンタニル...

PPN製剤をCVポートから投与可能か?

【質問】PPN製剤をCVポートから投与することは可能なのでしょうか? 【A】PPN(末梢静脈栄養法)は通常、末梢静脈から投与されますが、成分や技術的にはCVポート(中心静脈カテーテル)からの投与も可能と考えら...

べピオゲル・エピデュオゲル・デュアックゲルの貯法が異なる理由は?

【質問】べピオ、エピデュオ、デュアック配合ゲルはいずれも過酸化ベンゾイルを含有していますが、それぞれの貯法の温度が異なるのは何故でしょうか。 【A】エピデュオゲルとベピオゲルは過酸化ベンゾイルを含有...

新着記事をもっと見る