【Q】緑内障の患者で白内障術後であれば、閉塞隅角緑内障禁忌の薬剤が使用可能となる理由は?

【質問】緑内障の患者で白内障術後であれば、閉塞隅角緑内障禁忌の薬剤が使用可能となるのはなぜか。

【A】閉塞隅角緑内障に対する手術としてレーザー虹彩切開術の他に白内障手術があります。白内障手術により水晶体がより厚みの薄い眼内レンズに置き換わることで隅角が開放されます。 白内障は加齢によりいずれはほぼ必発するため、両者を共に治療できる閉塞隅角緑内障に白内障手術は一般的に行われます。 したがって、閉塞隅角緑内障は白内障手術によって治療済みとなるため、閉塞隅角緑内障禁忌の薬剤は使用可能となります。 (会員からの回答)

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

新着記事

opioid naive患者 に対するフェンタニルパッチの使用は0.5mg規格のみか?

【質問】opioid naive患者 に対するフェンタニルパッチの使用ができるようになったのは低用量0.5mgの1日製剤だけでしょうか?3日製剤は適応外となりますか? 【A】オピオイドナイーブ患者に対してフェンタニル...

PPN製剤をCVポートから投与可能か?

【質問】PPN製剤をCVポートから投与することは可能なのでしょうか? 【A】PPN(末梢静脈栄養法)は通常、末梢静脈から投与されますが、成分や技術的にはCVポート(中心静脈カテーテル)からの投与も可能と考えら...

べピオゲル・エピデュオゲル・デュアックゲルの貯法が異なる理由は?

【質問】べピオ、エピデュオ、デュアック配合ゲルはいずれも過酸化ベンゾイルを含有していますが、それぞれの貯法の温度が異なるのは何故でしょうか。 【A】エピデュオゲルとベピオゲルは過酸化ベンゾイルを含有...

新着記事をもっと見る