【Q】緑内障患者(閉塞隅角ではない)の患者にPL顆粒は禁忌なのか?

【A】「PL配合顆粒」などの抗コリン作用がある薬剤は閉塞隅角緑内障の患者でなければ、眼圧にほとんど影響しないため使用は可能と考えられます。

【解説】『PL配合顆粒』は添付文書上では緑内障患者に禁忌と記載されており、閉塞隅角緑内障に限らず使用は避けたほうが望ましいと考えられていました。

しかし2019年6月に厚生労働省医薬・生活衛生局から「抗コリン作用が理由で「緑内障」が禁忌項目に設定されている薬剤」は「閉塞隅角緑内障」に変更するよう通達がでました。『PL配合顆粒』がこれに該当し、禁忌疾患は「閉塞隅角緑内障」のみに変更されました。

 

抗コリン作用がある薬剤は閉塞隅角緑内障患者以外ではほとんど眼内圧に影響しない。(Goodman & Gilman’s The Pharmacological Basis of Therapeutics,13th Edition Chapter 9)

 

 

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

新着記事

【Q】ダイアート錠の後発品は遮光保存であるが、先発品は遮光保存でない理由は?

【質問】ダイアート (AGの「DSEP」も含む) は、添付文書上に【遮光保存】の記載がなく、バラ錠も流通しているのに対して、ジェネリックのアゾセミド「JG」は【遮光保存】の記載があるのは何故でしょうか。 【A】2...

【Q】カロナール錠500mgが劇薬の理由は?

【質問】カロナールは何故500mgの規格だけが【劇薬】に区分されているのでしょうか。 成分が同じでも規格によって【劇薬】か否かが異なる薬剤はカロナールしか寡聞にして知りませんが、他にもあるんでしょうか。 ...

【Q】新型コロナ感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまでの接種期間は?

【質問】新型コロナウイルス感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまで、空けるべき期間には決まりがありますか? コロナワクチンとインフルエンザワクチンは同時接種可能、ずらして打つ場合も日数に...

新着記事をもっと見る