【Q】緑内障患者(閉塞隅角ではない)の患者にPL顆粒は禁忌なのか?

【A】PL顆粒は閉塞隅角緑内障だけではなく、緑内障の患者に禁忌である。
PL顆粒の添付文書には禁忌欄に「緑内障の患者 [本剤中のプロメタジンメチレンジサリチル酸 塩は抗コリン作用を有し,緑内障を悪化させるおそれがある。]」と記載がある。

また、PMDAの医薬品副作用データベースには2008年、2015年、2015年にPL顆粒による緑内障の報告が3件がある。

その他、ベシケア錠などのような抗コリン作用がある薬剤には
「閉塞隅角緑内障の患者[抗コリン作用により眼圧が上昇し、症状が悪化するおそれがある。]」と閉塞隅角緑内障の患者に限った禁忌を設定しているものも存在する。

キーワード検索

新着記事

【Q】タリージェ錠は1包化可能か?

【A】タリージェ錠は安定性試験(インタビューフォーム )から湿気に注意が必要な製剤であることが確認で...

【Q】フロリードゲル経口用を内服した際、ワーファリンの代謝が遅延したという報告はあるか?

【A】ミコナゾール (商品名:フロリードゲル経口用)は、ゲル剤であるため、服用しても体内に吸収されず、...

【Q】ケイキサレートとカリメートはどのような違いがあるのか。用量依存的なK低下効果が得られるのか知りたい。

【A】両薬剤ともポリスチレンスルホン酸であるが、ケイキサレートの成分はNa塩、カリメート の成分はCa...

【Q】ピロリ菌除菌後にPPIを継続する必要があるか?

【A】消化性潰瘍の患者は除菌後も継続する必要がある。それ以外の患者では必要はないと考えられる。 ピ...

【Q】エビリファイは糖尿病患者に使用可能か?

【A】エビリファイは糖尿病患者において禁忌となっていないが、有益性が上回る時のみ使用できると警告に...

【Q】フォルテオ皮下注キットで血圧低下が発生した事例は報告があるか?頻度はどの程度か?

【A】フォルテオ皮下注キットの成分はテリパラチド (合成副甲状腺ホルモンPTH) である。PTH は血管平滑...

【Q】クレキサン皮下注は腹部のみか?

【A】添付文書の「使用上の注意」には「腹部に皮下投与」と記載があるため、腹部のみの使用である。 &nb...

【Q】ニフレック配合内用剤は室温保存だが、夏場の時期、室内でも高温になることがある。冷蔵庫で保管してもよいか?

【A】ニフレック配合内用剤は室温保存である。 日本薬局方で「室温は1 ~ 30°C」と定義されているため、...

【Q】ビタジェクト注キットがA液とB液に分けられている理由は?

【A】ビタジェクト注キットはA液とB液でpHが大きく異なっており、安定性を保つためにA液とB液に分けられ...

【Q】デカドロン錠からデキサート注射液に切り替える際の換算は?

【A】デカドロン錠 (デキサメタゾン) のバイオアベイラビリティーは78%であることから、理論上はデカド...

人気記事

【Q】ループ利尿薬の換算・使い分けは?

【コメント】フロセミド (ラシックス)は持続時間は短いが高血圧などの適応症が多く、急性期に使いやすい...

【Q】アレジオン点眼液0.05%は小児は何歳から使用可能か?

【A】7歳以上から可能であると考えられる。   以下添付文書 (アレジオン点眼液0.05% 第5版)より抜...

【Q】パタノール点眼液0.1% は小児に対して何歳から使用可能か?

【A】1歳以上から使用可能であると考えられる。   以下添付文書 (パタノール点眼液0.1% 第7版)よ...

【Q】パントール注射液はなぜ腸管麻痺イレウスに効果があるのか?

【A】パントールはアセチルコリンの生成を促す。アセチルコリンを増強することで副交感神経を刺激する。...

【Q】ゾフルーザ錠は小児は何歳から使用可能か?

【A】12歳未満の小児に対しては体重別に以下の投与量となり、10kg以上の小児に投与可能である。 40kg以...

【Q】コンタクトレンズ装着のまま点眼可能な抗アレルギー薬は?

【A】アレジオン点眼液0.05%がコンタクトレンズ装着のまま使用できる代表的な点眼液である。 点眼薬は...

【Q】カチリと亜鉛華軟膏と亜鉛華単軟膏の違いは?

【A】カチリ=亜鉛華軟膏+フェノール(消毒薬) カチリは亜鉛華軟膏にフェノール(消毒薬)が含有して...

【Q】グーフィス錠が食前投与である理由は?

【A】グーフィス錠は食後よりも食前の方がより便通改善の効果が期待できると考えられる。そのため、グー...

【Q】酸化マグネシウムとPPI・H2遮断薬との相互作用は?

【A】酸化マグネシウムと酸分泌抑制剤 (PPI・H2遮断薬)を併用することにより酸化マグネシウムの緩下作用...

【Q】リンゼス錠0.25mgの食前投与の理由は?

【A】食前投与に比べて食後投与で軟便、下痢の症状が多かったため食前投与となっている。(健康成人 (第1...