【Q】緑内障患者(閉塞隅角ではない)の患者にPL顆粒は禁忌なのか?

【A】「PL配合顆粒」などの抗コリン作用がある薬剤は閉塞隅角緑内障の患者でなければ、眼圧にほとんど影響しないため使用は可能と考えられます。

【解説】『PL配合顆粒』は添付文書上では緑内障患者に禁忌と記載されており、閉塞隅角緑内障に限らず使用は避けたほうが望ましいと考えられていました。

しかし2019年6月に厚生労働省医薬・生活衛生局から「抗コリン作用が理由で「緑内障」が禁忌項目に設定されている薬剤」は「閉塞隅角緑内障」に変更するよう通達がでました。『PL配合顆粒』がこれに該当し、禁忌疾患は「閉塞隅角緑内障」のみに変更されました。

 

抗コリン作用がある薬剤は閉塞隅角緑内障患者以外ではほとんど眼内圧に影響しない。(Goodman & Gilman’s The Pharmacological Basis of Therapeutics,13th Edition Chapter 9)

 

 

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

PL顆粒は食後?食前?どちらがいいか?

【質問】新型コロナや風邪症状で PL顆粒(ピーエイ配合錠) 1日3回 毎食後 漢方(症状に合わせて麦門冬湯など) 1日3回 毎食前 という処方がみられると思います。漢方薬は空腹時が効果的ということで食前...

新着記事

べピオゲル・エピデュオゲル・デュアックゲルの貯法が異なる理由は?

【質問】べピオ、エピデュオ、デュアック配合ゲルはいずれも過酸化ベンゾイルを含有していますが、それぞれの貯法の温度が異なるのは何故でしょうか。 【A】エピデュオゲルとベピオゲルは過酸化ベンゾイルを含有...

セフメタゾールの適切な用量設定について

【質問の要約】 CMZ(セフメタゾール)の用量設定について、重症度に応じた高用量使用の根拠が不明確で、新人からの質問に回答できず困っています。JAID/JSCの感染症治療ガイドでは腎機能別の投与量が示されていま...

帯状疱疹のワクチンは神経痛が残っている場合でも打ってもいいか?

【質問】帯状疱疹のワクチンを打つのに発疹ある急性期はダメなのは分かるのですが、神経痛が残っている場合でも打たない方が良いのでしょうか? タイミングが分からなくて困ってます 【A】帯状疱疹の発疹が治まっ...

新着記事をもっと見る