【Q】ワルファリンとアゾール系抗真菌薬との相互作用は?

2016年10月18日より
アゾール系抗真菌薬ミコナゾール(商品名フロリードゲル経口用2%、フロリードF注)とワルファリンカリウム(ワーファリン他)が併用禁忌となった。その他のアゾール系抗真菌薬は慎重投与。
 
以下、ワーファリン添付文書記載

【禁忌】(次の患者には投与しないこと)
1.出血している患者(血小板減少性紫斑病、血管障害
による出血傾向、血友病その他の血液凝固障害、月
経期間中、手術時、消化管潰瘍、尿路出血、喀血、
流早産・分娩直後等性器出血を伴う妊産褥婦、頭蓋
内出血の疑いのある患者等)
〔本剤を投与するとその作用機序より出血を助長す
ることがあり、ときには致命的になることもある。〕
2.出血する可能性のある患者(内臓腫瘍、消化管の憩
室炎、大腸炎、亜急性細菌性心内膜炎、重症高血圧症、
重症糖尿病の患者等)
〔出血している患者同様に血管や内臓等の障害箇所
に出血が起こることがある。〕
3.重篤な肝障害・腎障害のある患者
〔ビタミンK依存性凝固因子は肝臓で産生されるの
で、これが抑制され出血することがある…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

新着記事

セフメタゾールの適切な用量設定について

【質問の要約】 CMZ(セフメタゾール)の用量設定について、重症度に応じた高用量使用の根拠が不明確で、新人からの質問に回答できず困っています。JAID/JSCの感染症治療ガイドでは腎機能別の投与量が示されていま...

帯状疱疹のワクチンは神経痛が残っている場合でも打ってもいいか?

【質問】帯状疱疹のワクチンを打つのに発疹ある急性期はダメなのは分かるのですが、神経痛が残っている場合でも打たない方が良いのでしょうか? タイミングが分からなくて困ってます 【A】帯状疱疹の発疹が治まっ...

フェンタニル貼付剤を半割した際に、剥離予防のためテガダーム等で覆うことを避ける理由は?

【質問】フェンタニル貼付剤の半量使用の方法について教えてください。 採用都合で急遽フェンタニル貼付剤の半量投与が必要になり色々検索をしました。 ① 先にドレッシング剤を貼る ② フェンタニル貼付剤本体を外...

新着記事をもっと見る