【Q】フロセミド注射液から内服への切り替え時の換算は?

【A】フロセミド注射液 : フロセミド錠 = 1 : 1

ただし、経口のフロセミドのバイオアベイラビリティは10〜100%と個体差が大きいため注意が必要です。

経口フロセミドのバイオアベイラビリティは10〜100%
(より理解を深める!体液電解質異常と輸液 改訂3版 p29 中外医学社 )

フロセミド経口剤はバイオアベイラビリティの個体差が大きいため、10%しか腸管で吸収されない場合があります。一方で100%と吸収量が非常によい場合もあり、経口剤と注射剤は当量換算でも問題ないケースがあります。経験則的に10〜100%の間である50%で換算し、「経口薬の2倍量が静注と同等とされるケース」もありますが、過量または不十分となる可能性もあります。そのため、フロセミド製剤の剤形変更後に、患者状態を確認しながら、投与量を調節する必要があります。

同じループ利尿薬であるトルセミドはバイオアベイラリティーが90%と高くなっています。

 

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】アミオダロン注からアミオダロン錠への切り替え換算は?

【A】 添付文書には、注射から経口への切り替えに関しては以下の記載のみ。 不整脈停止後は心電図の連続監視下で患者の状態を十分に観察しながら徐々に経口剤に切り替える等の方法で、出来るだけ速やかに経口投与...

【Q】利尿剤の疾患別の使い分けは?

【A】 浮腫→ループ利尿薬が最も適している。効果が強すぎるときはチアジド系利尿薬を使用。効果が不十分な場合はチアジド系やK保持性利尿薬と併用する。 高血圧→チアジド系利用薬 Na再吸収抑制による循環血漿量減...

【Q】ループ利尿薬の換算・使い分けは?

【コメント】フロセミド (ラシックス)は持続時間は短いが高血圧などの適応症が多く、急性期に使いやすい。アゾセミド (ダイアート) は持続時間が長く、うっ血性心不全群に対してフロセミドよりも優れているとの...

【Q】フロセミド注射液から内服への切り替え時の換算は?

【A】フロセミド注射液 : フロセミド錠 = 1 : 1 ただし、経口のフロセミドのバイオアベイラビリティは10〜100%と個体差が大きいため注意が必要です。 経口フロセミドのバイオアベイラビリティは10〜100% (より理...

新着記事

【Q】抗ヒスタミン点眼薬は何歳から使用可能か?

【A】主な抗ヒスタミン点眼剤は以下が挙げられます。点眼剤の年齢設定については使用経験がない、もしくは少ないことが主な理由です。点眼剤は全身への移行性が高くないことから、経験則的に添付文書に記載のある...

【Q】抗ヒスタミン点眼薬 コンタクトレンズ装着時の使用の可否は?

【A】抗ヒスタミン点眼薬のコンタクトレンズ装着時の使用可否について、主な抗ヒスタミン点眼薬である5種類を下記にあげました。ハードコンタクトレンズ装着時は基本的には点眼薬の使用は可能です。一方で、ソフ...

【Q】中等度腎機能低下患者の重症感染症に対してレボフロキサシン500mg隔日投与は妥当か。

【質問】サンフォードガイドによると、20≦CCr<50の推奨量(維持量)は750mg q48hと記載されている。 日本で販売されている規格は500mg錠or 250mg錠であり、1回量750mgの投与は通常ではない。 一方で、ニューキ...

新着記事をもっと見る