【Q】漢方は食前投与がいいのか?

【A】食前投与がいいという科学的根拠は根拠はない。
附子や麻黄を含む漢方は食前服用がいいが、それ以外は食後投与でも問題ないと考えられる。コンプラインスを考え、食後投与も可能であるといえる。
以下、文献などをまとめた。
一般的には
・食前投与のほうが食後投与よりも吸収がよくなる
・西洋薬との相互作用を避けることができる
・満腹になって食後に飲むよりは食前の方が飲みやすい。
と考えられており、添付文書などにも食前投与となっているが、以下の理由から食後投与も可能であると言える。
・作用の激しい附子や麻黄を含む漢方は空腹時服用の方が吸収が遅く安全である。
・空腹時は胃内のPHが引くためにアルカロイドにアミノ基がイオン化する。
・イオン化することで水溶性が増し、細胞膜を通りにくくなり、吸収が低下する。
・麻黄や附子以外では多少服薬時間が違おうと薬効に大きな差がでない。しかし、漢方薬の成分を下部消化管に早く到達させ、薬効を出すには空腹時のほうがよいと思われる。
・コンプラインスは食後投与の方が高い。
【参考】新薬と臨床 J.New Rem. &Clin Vol.56 No.12 2007

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

キーワード検索

お知らせ

  • 【Q&A】の買取を始めました。

    2019.12.1

    CloseDi内における医薬品情報共有の充実化と活性化のため、会員の皆様から【医薬品情報に関する「質問と回答」】を期間限定で募集することになりました。

    【質問と回答】をお送りいただき、CloseDiに掲載された場合は、1記事あたり100円〜500円のアマゾンギフトカードをメールにてお送りします。

    会員の方はTOPぺージにあるリンクから投稿をお願いします。

    非会員の方は会員登録をお願いします。

  • パンフレットを作成しました

    2019.2.27

過去のお知らせ一覧

新着記事

【Q】分割処方せんの2回目、3回目の交付日は?分割処方で渡すことができる日数は?

【質問】医師の指示による分割処方箋の書式について質問です。3枚組の分割処方箋を書くとしたら、2枚目...

【Q】「室温」保存の薬剤は「冷所」での保存も可能か?

【質問】「室温保存」の薬剤について、添付文書の注意点に特記がなければ冷所での保管もさしつかえない...

【Q】エンシュアやラコールNF配合経腸用液などの栄養剤は凍らせても問題ないか?

【質問】栄養剤の服用支援について 温める際は○度以下、などの情報がありますが、凍らせた場合も蛋白変...

【Q】界面活性剤が粘膜に与える影響の機序は?

【質問】界面活性剤が粘膜に与える影響の機序がわかれば教えていただきたいです。 【A】界面活性剤の殺...

【Q】プロトピック軟膏は妊婦に使用可能か?

【質問】プロトピック軟膏は妊婦や授乳婦には有益性投与、ハンドブックにも情報がなかったのですが、内...

【Q】電気メス使用部位とは関係ない部位に金属を支持体とする貼付剤を使用したまま手術することは可能か?

【質問】手術で電気メスを使用する際は金属を支持体とする貼付剤(ニュープロパッチなど)は剥がした方...

【Q】薬はどのような機序で着色便を出させるか?

【質問】便の色、尿の色が変わる薬剤について、その機序を教えてください。 【A】便が着色する薬剤につ...

【Q】腎機能低下患者へのトランサミン注の用量は?

【A】トランサミン注は尿中未変化体排泄率が約90%であり、腎機能低下患者ではトラネキサム酸が蓄積する...

【Q】薬はどのような機序で着色尿を出させるか?

【質問】便の色、尿の色が変わる薬剤について、その機序を教えてください。 【A】尿が着色する原因とし...

【Q】自家製剤加算は「割線の有無」や「顆粒と散剤の剤形違い」で算定可能か?

【質問】自家製剤加算について質問です。半錠は「同剤形」に「同規格」がなく割線があれば算定していま...

更新記事

【Q】ナウゼリン錠 (ドンペリドン) とノバミン錠 (プロクロルペラジン) の併用は可能か?

【A】ナウゼリン (ドンペリドン) は末梢性D2受容体遮断薬であるのに対して、ノバミン (プロクロルペラジ...

【Q】点滴バッグの容器の目盛りを目安にして混注しても良いか?輸液調製における計量誤差範囲は?

【質問】注射薬の混合調剤について質問です。500mlバッグの半量を混注に用いる際、バッグに印されている...

【Q】ロトリガ粒状カプセルやエパデールの服薬時における食事量の目安は?

【質問】「ロトリガ粒状カプセル」、「エパデールS」などの食直後服用は、どのような食事、どのくらいの...

【Q】ミニリンメルト錠を服薬中の中枢性尿崩症患者に対してステロイドの併用は禁忌か?

【質問】中枢性尿崩症に対してミニリンメルト錠を内服している患者に「経口もしくは注射のステロイド製...

【Q】散剤の薬価は「g単位」?「包装単位」?

【質問】散剤の薬価は1gあたりですか?1包装あたりですか?内用液など錠剤以外の製剤について知りたいで...

【Q】プラビックス (クロピドグレル) とPPIの併用は?

【A】プラビックス (クロピドグレル) は上部消化管出血のリスクがあるため、PPI (プロトンポンプ阻害薬)...

【Q】アンペック坐薬 (レスキュー薬) の投与間隔は?

【A】レスキュー薬として使用する場合、アンペック坐薬の投与間隔は2時間以上とする。 (参考 : がん疼痛...

【Q】イグザレルト錠の手術前休薬期間は?

【A】大手術 (出血のリスクが高い) の場合、イグザレルト錠(リバーロキサバン)の投与を24時間以上中止...

【Q】小児水痘に対するバルトレックスの用量と投与日数は?

【A】体重40kg以上の小児→1回1000mgを1日3回 それ以外の小児→体重1kg当たりバラシクロビルとして1回25mg...

【Q】MRI(核磁気共鳴画像法)の検査時に剥がす必要がある貼付薬は?

【A】本邦ではニコチネルTTS(経皮吸収ニコチン製剤)、ニトロダームTTS(ニトログリセリン経皮吸収...

関連記事

【Q】こむら返り(腓腹筋痙攣)に効果がある薬剤は?

【A】こむら返り(腓腹筋痙攣)とは、激しい痛みを伴い突然に生じる不随意な筋収縮をさす。 運動中に短時間の収縮が筋に加わった時や安静時(就寝中)に急に筋に負荷が加わった時に生じることが多い。 原因として...

【Q】グーフィス錠が食前投与である理由は?

【A】グーフィス錠は食後よりも食前の方がより便通改善の効果が期待できると考えられる。そのため、グーフィス錠の用法は食前投与となった。食後投与の臨床試験は行なっていない。 グーフィス錠 (エロビキシバッ...