【Q】アクトス錠 (ピオグリタゾン) は食前タイミングの服薬は可能か?

【A】以下の理由から、食前の服薬も可能である。

アクトス錠 (ピオグリタゾン) を早朝絶食時あるいは朝食30分後に投与したとき、食後投与の場合は絶食時投与より未変化体のTmaxの延長が見られたが、CmaxおよびAUCには差異が認められなかった。
(アクトス錠  インタビューフォーム 第16版)

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

キーワード検索

お知らせ

  • 【Q&A】の買取を始めました。

    2019.12.1

    CloseDi内における医薬品情報共有の充実化と活性化のため、会員の皆様から【医薬品情報に関する「質問と回答」】を期間限定で募集することになりました。

    【質問と回答】をお送りいただき、CloseDiに掲載された場合は、1記事あたり100円〜500円 のアマゾンギフトカードをメールにてお送りします。

    会員の方はTOPぺージにあるリンクから投稿をお願いします。

    非会員の方は会員登録をお願いします。

  • パンフレットを作成しました

    2019.2.27

過去のお知らせ一覧

新着記事

【Q】処方箋に記載できる注射薬は?アセリオやセレネースは?

【質問】アセリオやセレネースは在宅において調剤薬局から払い出す(調剤する)ことは可能なのでしょうか...

【Q】プレフィルドシリンジの内容量は表示量より多い?

【質問】点滴バッグやプレフィルドシリンジ、アンプルには少し多めの薬液が入っているかと思いますが、...

【Q】他のオピオイド鎮痛剤を使用していない場合、フェントステープから開始できるか?

【質問】フェントステープはオピオイド導入の適応はありませんが、末期で在宅へ移行した患者さんでは導...

【Q】輸液の混注口の保護キャップの入手方法は?

【質問】輸液の混注キャップについて エルネオパやハイカリックはメーカーから支給されるキャップを見た...

【Q】アドソルビン原末と併用薬剤は服用時間をどれくらいずらせばよいか?

【質問】アドソルビン原末について。他剤併用時、「併用薬剤の吸収・排泄に影響を与えることがある。こ...

更新記事

【Q】ステロイド点眼薬のステロイドの強さは?

【質問】点眼・点鼻用リンデロンA液、リンデロン点眼・点耳・点鼻液0.1%、リンデロン点眼液0.01%、フル...

【Q】「不眠時」に対するセニラン坐薬の使用は審査機関から保険適応と認められるか?

【質問】以前にガン末期の患者さんに「不眠時」使用としてセニランの坐薬が処方され、錠剤には不眠に対...

【Q】在宅中心静脈栄養用輸液セットの算定は1物品ごとにできるか?

【質問】医療機器、医療材料の算定について質問です。 在宅中心静脈栄養用輸液セットに含まれる ・サフ...

【Q】副鼻腔炎の原因は細菌かウイルスか?第3世代セフェム系の効果と生体内利用率は?

【質問】副鼻腔炎の原因は細菌だけなのでしょうか?ウイルスの関与はないのですか?また、バイオアベイ...

【Q】処方箋の略語表記”qd”の意味は?

【質問】180mg PO qdとは「1日1回180mg内服」か、単に「1日180mg内服」のどちらでしょうか? 【A】「1日1...

新着コメント

【Q】他のオピオイド鎮痛剤を使用していない場合、フェントステープから開始できるか?

【質問】フェントステープはオピオイド導入の適応はありませんが、末期で在宅へ移行した患者さんでは導...

【Q】処方箋に記載できる注射薬は?アセリオやセレネースは?

【質問】アセリオやセレネースは在宅において調剤薬局から払い出す(調剤する)ことは可能なのでしょうか...

【Q】輸液の混注口の保護キャップの入手方法は?

【質問】輸液の混注キャップについて エルネオパやハイカリックはメーカーから支給されるキャップを見た...

【Q】「不眠時」に対するセニラン坐薬の使用は審査機関から保険適応と認められるか?

【質問】以前にガン末期の患者さんに「不眠時」使用としてセニランの坐薬が処方され、錠剤には不眠に対...

【Q】モルヒネ塩酸塩注射液は遮光袋が必要か?光安定性は?

【A】光に安定と考えられるため、直射日光に当たらなければ遮光袋は不要と考えられる。   モルヒネ...

関連記事

【Q】グーフィス錠が食前投与である理由は?

【A】グーフィス錠は食後よりも食前の方がより便通改善の効果が期待できると考えられる。そのため、グーフィス錠の用法は食前投与となった。食後投与の臨床試験は行なっていない。 グーフィス錠 (エロビキシバッ...

【Q】リンゼス錠0.25mgの食前投与の理由は?

【A】食前投与に比べて食後投与で軟便、下痢の症状が多かったため食前投与となっている。(健康成人 (第1相試験)を対象とした試験) インタビューフォームの記載には〔食前投与に比べて食後投与で統計的に有意なBSF...

【Q】漢方は食前投与がいいのか?

【A】食前投与がいいという科学的根拠は根拠はない。 附子や麻黄を含む漢方は食前服用がいいが、それ以外は食後投与でも問題ないと考えられる。コンプラインスを考え、食後投与も可能であるといえる。 以下、文献...