【Q】こむら返り(腓腹筋痙攣)に効果がある薬剤は?

【A】こむら返り(腓腹筋痙攣)とは、激しい痛みを伴い突然に生じる不随意な筋収縮をさす。

運動中に短時間の収縮が筋に加わった時や安静時(就寝中)に急に筋に負荷が加わった時に生じることが多い。

原因としては、 血液中の水分や塩分のバランスの乱れ、筋肉疲労、足の静脈のうっ血などとされているが明らかにされていない。

代表的な治療薬としては、急激におこる筋肉のけいれんを伴う疼痛の効能効果を有する芍薬甘草湯があり、主成分である芍薬および甘草の筋弛緩作用によるものである。

その他、経口のダントロレンナトリウム水和物も全身こむら返り病の効能効果を有する。

(参考 : 今日の治療指針2019年版、各種添付文書)

芍薬甘草湯とダントロレンナトリウム水和物以外には、以下のように症例発表ではあるが、レボカルニチン (エルカルチンFF錠)や疎経活血湯、四物湯などでこむら返りが軽減したという報告がある。

こむら返りを併発している患者20例を対象にレボカルニチンを600mg/日を4週間投与した。
こむら返りの頻度と持続時間、痛みが低下した。
(カルニチン投与がこむら返りに与える影響, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 61(1), 177-178, 2018)<…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】注腸・坐剤として使用される漢方薬は?

【質問】小児における「五苓散注腸」という手法を拝見しました。そこで気になったのですが、五苓散以外の漢方薬や内服薬についても、経口投与困難な時に注腸されるケースはあるのでしょうか? 【A】漢方の注腸に...

【Q】漢方薬で注意すべき食物アレルギーは?

【A】特定原材料や特定原材料に準ずるものに指定されている食物が含有された漢方薬は特に注意が必要です。 具体例を挙げると、山芋アレルギーは山薬が含有されている「八味地黄丸」「牛車腎気丸」「六味丸」、小...

新着記事

【Q】抗ヒスタミン点眼薬は何歳から使用可能か?

【A】主な抗ヒスタミン点眼剤は以下が挙げられます。点眼剤の年齢設定については使用経験がない、もしくは少ないことが主な理由です。点眼剤は全身への移行性が高くないことから、経験則的に添付文書に記載のある...

【Q】抗ヒスタミン点眼薬 コンタクトレンズ装着時の使用の可否は?

【A】抗ヒスタミン点眼薬のコンタクトレンズ装着時の使用可否について、主な抗ヒスタミン点眼薬である5種類を下記にあげました。ハードコンタクトレンズ装着時は基本的には点眼薬の使用は可能です。一方で、ソフ...

【Q】中等度腎機能低下患者の重症感染症に対してレボフロキサシン500mg隔日投与は妥当か。

【質問】サンフォードガイドによると、20≦CCr<50の推奨量(維持量)は750mg q48hと記載されている。 日本で販売されている規格は500mg錠or 250mg錠であり、1回量750mgの投与は通常ではない。 一方で、ニューキ...

新着記事をもっと見る