【Q】エビスタ錠を服用中の患者において歯科治療などを行うことは可能か?顎骨壊死のリスクは?

【A】歯科治療においてエビスタにはビスホスホネート製剤のような顎骨壊死のリスクはないと考えられる。エビスタ服薬後の顎骨壊死に関する添付文書の記載や報告などは特になし。

 

ビスホスホネート製剤の顎骨壊死の機序は現在も解明されていない。
骨代謝回転抑制作用や血管新生抑制作用が関連している説がある。
エビスタ錠の作用機序はエストロゲン受容体を介するものであり、顎骨壊死とは関連がないと思われる。

 

大手術など長期安静が必要な場合は、その3日前には本剤の服用を中止し、完全に 歩行可能になるまでは投与を再開しないことと記載がある。
(エビスタ錠60mg 添付文書)

 

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】ビスホスホネート系の中で最もカルシウムを下げるのは?

【A】「悪性腫瘍による高カルシウム血症」に適応のあるビスホスホネート系の薬剤はゾメタ点滴静注 (ゾレドロン酸) とパミドロン酸二Na点滴静注用の2種類しかない。(テイロック注射液10mgは2016年に販売中止となっ...

新着記事

【Q】カロナール錠500mgが劇薬の理由は?

【質問】カロナールは何故500mgの規格だけが【劇薬】に区分されているのでしょうか。 成分が同じでも規格によって【劇薬】か否かが異なる薬剤はカロナールしか寡聞にして知りませんが、他にもあるんでしょうか。 ...

【Q】新型コロナ感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまでの接種期間は?

【質問】新型コロナウイルス感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまで、空けるべき期間には決まりがありますか? コロナワクチンとインフルエンザワクチンは同時接種可能、ずらして打つ場合も日数に...

【Q】心不全におけるファンタステック4とは?それぞれの投与の順番は?

【A】心不全(左室駆出率の低下した心不全=HFrEF(ヘフレフ))に対して「βブロッカー」「SGLT2阻害薬」「ARNI」「MRA」の4剤を投与することが全死亡の減少に有効であると数々の文献で、報告されています。 ・日本...

新着記事をもっと見る