【Q】クラビット点眼液、グラナテック点眼液、アイファガン点眼液、ルミガン点眼液、コソプト点眼液の点眼順番は?

【A】3 種類以上の目薬を点眼する際は、水性点眼剤 → 懸濁性点眼剤 → 油性点眼剤 → 眼軟膏の順番に使用する。眼軟膏や油性点眼剤は効果発現が長いことや水をはじきやすいため水溶性点眼剤や懸濁性点眼剤よりも後に点眼する必要がある。

クラビット点眼液、グラナテック点眼液、アイファガン点眼液、ルミガン点眼液、コソプト点眼液は水溶性の点眼液であるため、順番は特に明確には決まっていない。5分ほど間隔をあけたほうが無難と考えられる。
(参考 : 点眼剤の適正使用ハンドブック 社団法人 日本眼科医会 )

また、刺激が強いと流涙が増加して眼内移行性が低下する可能性があることから流涙のpH7.0~7.4に近い点眼液を先に使用することや先に点眼した薬の方が結膜嚢からの排出が大きいため、主剤の点眼薬を後に点眼することも考慮する。(エビデンスなし)

クラビット点眼液0.5% 水性点眼剤  pH6.2~6.8
グラナテック点眼液0.4%  水性点眼剤 pH5.0~7.0
アイファガン点眼液0.1%  水性点眼剤 pH6.7~7.5
ルミガン点眼液0.03% 水性点眼剤 pH6.9~7.5
コソプト配合点眼液  水性点眼剤  pH5.5~5.8
(各社 添付文書 インタビューフォームより)

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】ステロイド点眼薬のステロイドの強さは?

【質問】点眼・点鼻用リンデロンA液、リンデロン点眼・点耳・点鼻液0.1%、リンデロン点眼液0.01%、フルメトロン点眼液0.1%・0.02%、サンテゾーン点眼液0.1%・0.02%、オルガドロン点眼・点耳・点鼻液0.1%など、点...

【Q】クラビット点眼液、グラナテック点眼液、アイファガン点眼液、ルミガン点眼液、コソプト点眼液の点眼順番は?

【A】3 種類以上の目薬を点眼する際は、水性点眼剤 → 懸濁性点眼剤 → 油性点眼剤 → 眼軟膏の順番に使用する。眼軟膏や油性点眼剤は効果発現が長いことや水をはじきやすいため水溶性点眼剤や懸濁性点眼剤よりも後...

【Q】アレジオン点眼液0.05%は小児は何歳から使用可能か?

【A】7歳以上から可能であると考えられる。ただし、使用経験が安全性が確立していないことが理由であるため、必ずしも7歳未満が使用不可ではない。 以下添付文書 (アレジオン点眼液0.05% 第5版)より抜粋。 4. 小...

新着記事

【Q】カロナール錠500mgが劇薬の理由は?

【質問】カロナールは何故500mgの規格だけが【劇薬】に区分されているのでしょうか。 成分が同じでも規格によって【劇薬】か否かが異なる薬剤はカロナールしか寡聞にして知りませんが、他にもあるんでしょうか。 ...

【Q】新型コロナ感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまでの接種期間は?

【質問】新型コロナウイルス感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまで、空けるべき期間には決まりがありますか? コロナワクチンとインフルエンザワクチンは同時接種可能、ずらして打つ場合も日数に...

【Q】心不全におけるファンタステック4とは?それぞれの投与の順番は?

【A】心不全(左室駆出率の低下した心不全=HFrEF(ヘフレフ))に対して「βブロッカー」「SGLT2阻害薬」「ARNI」「MRA」の4剤を投与することが全死亡の減少に有効であると数々の文献で、報告されています。 ・日本...

新着記事をもっと見る