【Q】ミヤBMはニューキノロン系抗菌薬に耐性があるか?ビオフェルミンRは?

【A】ミヤBM (酪酸菌) は芽胞を形成するためニューキノロン系を含む抗菌剤の影響を受けにくいとされている。これは抗菌剤を投与後も、芽胞として生存しているためである。
一方で、ビオフェルミンR錠などの耐性乳酸菌は「ペニシリン系、セファロスポリン系、アミノグリコシド系、マクロライド系、テトラサイクリン系、ナリジクス酸」などに対して影響を受けにくいことが添付文書から理解できる。しかし、ニューキノロン系 (レボフロキサシン、シプロフロキサシン) やグリコペプチド系 (バンコマイシンなど) などは記載がない。
これまでに報告がいくつかされているが、臨床上で明確にされたものはない。

例えば、「ニューキノロン系薬剤に対して、乳酸菌と耐性乳酸菌では臨床効果に差はないと考えられる。(in vitro)」
「耐性乳酸菌製剤や酪酸菌製剤を併用しても臨床効果が期待できないと考えられる。(in vitro)」(Jan J. Pharm. Health Care …

キーワード検索

新着記事

【Q】ラシックス注とビーフリード輸液は混合可能か?配合変化はあるか?

【A】ラシックス注とビーフリード輸液を混合後、24時間経過後、「pH6.76、外観は無色透明」と大きく変化...

【Q】吸入ステロイドを吸入後、息を吐く場合にゆっくりと吐いた方いいのはなぜか?

【A】ゆっくりと息を吐き出すことで、肺への沈着性の向上が期待できると考えられる。 ゆっくりとした深...

【Q】吃逆に使用される薬剤はなにか?

【A】メトクロプラミド、クロルプロマジン、ハロペリドール、クロナゼパム、バクロフェン、ガバぺンチン...

【Q】サンドスタチン皮下注の在宅医療の使用において持続静注は可能か?

【A】サンドスタチン皮下注用100μgは消化管閉塞に伴う嘔気,嘔吐,腹部膨満などの各種消化器症状を改善...

【Q】抗生剤以外で前立線炎に適応がある薬剤は?

【A】2018年12月現在、薬価収載されている薬剤で「効能・効果」に前立腺炎の記載がある薬剤はセルニルト...

【Q】ミヤBMはニューキノロン系抗菌薬に耐性があるか?ビオフェルミンRは?

【A】ミヤBM (酪酸菌) は芽胞を形成するためニューキノロン系を含む抗菌剤の影響を受けにくいとされてい...

【Q】イスラム教信者の患者。アーガメイトゼリーには豚由来の成分が含まれるか?

【A】アーガメイトゼリーには豚由来の成分は含まれていないと考えられる。 有効成分 (活性成分) の含量 ...

【Q】葉酸の入った薬剤は何がありますか?

【A】葉酸を単独で含有している薬剤にはフォリアミン錠、フォリアミン散100mg/gがある。 フォリアミン錠...

【Q】結核治療薬のイスコチン錠は抗がん剤であるか?ハイリスク薬区分について知りたい

【A】イスコチン錠の薬効分類名は結核化学療法剤であり、抗がん剤ではない。ハイリスク薬に該当しない。...

【Q】エキザルベに含まれているステロイドの強さは?

【A】エキザルベの成分の一つには日局ヒドロコルチゾンが含まれている。 米国のステロイド軟膏ランク (g...

人気記事

【Q】ループ利尿薬の換算・使い分けは?

【コメント】フロセミド (ラシックス)は持続時間は短いが高血圧などの適応症が多く、急性期に使いやすい...

【Q】パントール注射液はなぜ腸管麻痺イレウスに効果があるのか?

【A】パントールはアセチルコリンの生成を促す。アセチルコリンを増強することで副交感神経を刺激する。...

【Q】ゾフルーザ錠は小児は何歳から使用可能か?

【A】12歳未満の小児に対しては体重別に以下の投与量となり、10kg以上の小児に投与可能である。 40kg以...

【Q】アレジオン点眼液0.05%は小児は何歳から使用可能か?

【A】7歳以上から可能であると考えられる。   以下添付文書 (アレジオン点眼液0.05% 第5版)より抜...

【Q】カチリと亜鉛華軟膏と亜鉛華単軟膏の違いは?

【A】カチリ=亜鉛華軟膏+フェノール(消毒薬) カチリは亜鉛華軟膏にフェノール(消毒薬)が含有して...

【Q】グーフィス錠が食前投与である理由は?

【A】グーフィス錠は食後よりも食前の方がより便通改善の効果が期待できると考えられる。そのため、グー...

【Q】リンゼス錠0.25mgの食前投与の理由は?

【A】食前投与に比べて食後投与で軟便、下痢の症状が多かったため食前投与となっている。(健康成人 (第1...

【Q】酸化マグネシウムとPPI・H2遮断薬との相互作用は?

【A】酸化マグネシウムと酸分泌抑制剤 (PPI・H2遮断薬)を併用することにより酸化マグネシウムの緩下作用...

【Q】パタノール点眼液0.1% は小児に対して何歳から使用可能か?

【A】1歳以上から使用可能であると考えられる。   以下添付文書 (パタノール点眼液0.1% 第7版)よ...

【Q】コンタクトレンズ装着のまま点眼可能な抗アレルギー薬は?

【A】アレジオン点眼液0.05%がコンタクトレンズ装着のまま使用できる代表的な点眼液である。 点眼薬は...