【Q】ミヤBMはニューキノロン系抗菌薬に耐性があるか?ビオフェルミンRは?

【A】ミヤBM (酪酸菌) は芽胞を形成するためニューキノロン系を含む抗菌剤の影響を受けにくいとされている。これは抗菌剤を投与後も、芽胞として生存しているためである。
一方で、ビオフェルミンR錠などの耐性乳酸菌は「ペニシリン系、セファロスポリン系、アミノグリコシド系、マクロライド系、テトラサイクリン系、ナリジクス酸」などに対して影響を受けにくいことが添付文書から理解できる。しかし、ニューキノロン系 (レボフロキサシン、シプロフロキサシン) やグリコペプチド系 (バンコマイシンなど) などは記載がない。
これまでに報告がいくつかされているが、臨床上で明確にされたものはない。

例えば、「ニューキノロン系薬剤に対して、乳酸菌と耐性乳酸菌では臨床効果に差はないと考えられる。(in vitro)」
「耐性乳酸菌製剤や酪酸菌製剤を併用しても臨床効果が期待できないと考えられる。(in vitro)」(Jan J. Pharm. Health Care …

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

現在発売されている耐性菌の整腸薬(医療用)は?

【質問】レベニン散のように表記の上では耐性菌であることがわかりづらい散剤について教えてください。 【A】現在発売されている耐性菌の整腸剤は下記の通りとなります。 耐性菌の整腸剤 医薬品名 一般名 耐性乳...

ミヤBMは抗菌薬との併用でも効果を期待できるか

【A】ミヤBM (酪酸菌) は芽胞を形成するため抗菌剤の影響を受けにくい特性を持ります。抗菌剤が投与された後も芽胞として生存し続け、抗菌剤濃度が消化管内で低下すると再び増殖し、その効果を発揮ためである。こ...

新着記事

セフメタゾールの適切な用量設定について

【質問の要約】 CMZ(セフメタゾール)の用量設定について、重症度に応じた高用量使用の根拠が不明確で、新人からの質問に回答できず困っています。JAID/JSCの感染症治療ガイドでは腎機能別の投与量が示されていま...

帯状疱疹のワクチンは神経痛が残っている場合でも打ってもいいか?

【質問】帯状疱疹のワクチンを打つのに発疹ある急性期はダメなのは分かるのですが、神経痛が残っている場合でも打たない方が良いのでしょうか? タイミングが分からなくて困ってます 【A】帯状疱疹の発疹が治まっ...

フェンタニル貼付剤を半割した際に、剥離予防のためテガダーム等で覆うことを避ける理由は?

【質問】フェンタニル貼付剤の半量使用の方法について教えてください。 採用都合で急遽フェンタニル貼付剤の半量投与が必要になり色々検索をしました。 ① 先にドレッシング剤を貼る ② フェンタニル貼付剤本体を外...

新着記事をもっと見る