【Q】肝機能低下の患者に使用可能なオピオイドは?

【A】モルヒネ、オキシコドン、フェンタニル、コデイン、メサドンは肝臓で代謝されるため、肝障害時には代謝能が低下します。そのため肝機能障害時には投与量の減量あるいは投与間隔を延長して、薬物の蓄積を防止する必要があります。
(参考 : がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン 2014年版)
2019年5月現在、これらの薬剤の減量基準や投与間隔延長については明確化されていません。各患者に応じて減量して使用する必要があります。

以下に、中等度の肝機能障害患者に対する各薬剤(オキシコンチン、ナルサス、ナルラピドのみ)のデータを示します。

オキシコンチン(成分名:オキシコドン)
健康成人12例及び軽度から中等度の肝機能障害者12例(肝硬変11例,肝障害1例)にオキシコンチン錠20mgを空腹時単回経口投与したとき、肝機能障害者では AUC並びにCmax は,それぞ れ健康成人の約 2 倍(p = 0.003)及び約 1.5 倍(p = 0.014)と有意に高かった。また,T1/2 は健康成人に比較して平均値で約…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】 呼吸困難に対するオピオイドの使用について

【質問】上記について、国内外のガイドラインで効果が確認されているものの、保険適応外であるためオピオイドが使用できない場面がありました。非担癌患者においては、どのような場合においてもオピオイドは使用...

【Q】肝機能低下の患者に使用可能なオピオイドは?

【A】モルヒネ、オキシコドン、フェンタニル、コデイン、メサドンは肝臓で代謝されるため、肝障害時には代謝能が低下します。そのため肝機能障害時には投与量の減量あるいは投与間隔を延長して、薬物の蓄積を防止...

【Q】サンドスタチン皮下注用とモルヒネ塩酸塩の混合可否は?

【A】サンドスタチン皮下注用 (ソマトスタチン) とモルヒネ塩酸塩注射液 50mgを混合した後のサンドスタチンの含量、外観、pHは48時間後も低下しない。 モルヒネ塩酸塩の含量に関するデータは存在しないが、混合48...

新着記事

セフメタゾールの適切な用量設定について

【質問の要約】 CMZ(セフメタゾール)の用量設定について、重症度に応じた高用量使用の根拠が不明確で、新人からの質問に回答できず困っています。JAID/JSCの感染症治療ガイドでは腎機能別の投与量が示されていま...

帯状疱疹のワクチンは神経痛が残っている場合でも打ってもいいか?

【質問】帯状疱疹のワクチンを打つのに発疹ある急性期はダメなのは分かるのですが、神経痛が残っている場合でも打たない方が良いのでしょうか? タイミングが分からなくて困ってます 【A】帯状疱疹の発疹が治まっ...

フェンタニル貼付剤を半割した際に、剥離予防のためテガダーム等で覆うことを避ける理由は?

【質問】フェンタニル貼付剤の半量使用の方法について教えてください。 採用都合で急遽フェンタニル貼付剤の半量投与が必要になり色々検索をしました。 ① 先にドレッシング剤を貼る ② フェンタニル貼付剤本体を外...

新着記事をもっと見る