【Q】ノルスパンテープから他のオピオイド製剤に切り替える際の投与量は?

【A】ノルスパンテープ5mgの放出速度は5μg/hr(ノルスパンテープIFより)と推定されています。Buprenorphine経皮パッチは経口モルヒネとして30-80mg/day服用している患者は初期値として10μg/hrの剤形を7日に1回貼付する。また、経口モルヒネとして80mg/day以上服用している場合はBuprenorphine経皮パッチは最大投与量20μg/hrでも十分な鎮痛作用を示さない可能性があり、他の鎮痛薬の使用を検討する必要がある。

 

・ノルスパン 5mg = 経口モルヒネ (24時間持続) 9-13mg = 経口オキシコドン (24時間持続) 5-10mg

・ノルスパン 10mg = 経口モルヒネ (24時間持続) 18-26mg = 経口オキシコドン (24時間持続) 10-20mg

・ノルスパン 20mg = 経口モルヒネ (24時間持続) 36-53mg = 経口オキシコドン (24時間持続) 25-40mg

(Opioid Conversion Guidelines 2015)

以上の情報から、ノルスパンテープから他のオピオイド製剤に切り替える際の投与量の目安を換算する必要があります。

※交…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】 呼吸困難に対するオピオイドの使用について

【質問】上記について、国内外のガイドラインで効果が確認されているものの、保険適応外であるためオピオイドが使用できない場面がありました。非担癌患者においては、どのような場合においてもオピオイドは使用...

【Q】経皮吸収型製剤の貼付場所が製剤によって異なる理由は?

【質問】経皮吸収の貼付剤について 貼付部位がそれぞれ指定されていますが、「吸収がかわる」「AEDのとき見つけやすいように」「はがれやすいため」などなにか理由があるのでしょうか?他の場所に貼付することも...

【Q】アミオダロン注からアミオダロン錠への切り替え換算は?

【A】 添付文書には、注射から経口への切り替えに関しては以下の記載のみ。 不整脈停止後は心電図の連続監視下で患者の状態を十分に観察しながら徐々に経口剤に切り替える等の方法で、出来るだけ速やかに経口投与...

【Q】ビソプロロールフマル酸塩錠 (メインテート錠など) からビソプロロールテープ剤 (ビソノテープ) への切り替えの換算比は?

【A】換算比 ビソノテープ : ビソプロロールフマル酸塩錠 = 8 : 5 ビソノテープの添付文書「臨床成績」によれば、頻脈性心房細動を対象とした第Ⅲ相検証試験 (二重盲検並行群間比較試験) において、ビソプロロー...

新着記事

opioid naive患者 に対するフェンタニルパッチの使用は0.5mg規格のみか?

【質問】opioid naive患者 に対するフェンタニルパッチの使用ができるようになったのは低用量0.5mgの1日製剤だけでしょうか?3日製剤は適応外となりますか? 【A】オピオイドナイーブ患者に対してフェンタニル...

PPN製剤をCVポートから投与可能か?

【質問】PPN製剤をCVポートから投与することは可能なのでしょうか? 【A】PPN(末梢静脈栄養法)は通常、末梢静脈から投与されますが、成分や技術的にはCVポート(中心静脈カテーテル)からの投与も可能と考えら...

べピオゲル・エピデュオゲル・デュアックゲルの貯法が異なる理由は?

【質問】べピオ、エピデュオ、デュアック配合ゲルはいずれも過酸化ベンゾイルを含有していますが、それぞれの貯法の温度が異なるのは何故でしょうか。 【A】エピデュオゲルとベピオゲルは過酸化ベンゾイルを含有...

新着記事をもっと見る