【Q】経皮吸収型製剤の貼付場所が製剤によって異なる理由は?

【質問】経皮吸収の貼付剤について
貼付部位がそれぞれ指定されていますが、「吸収がかわる」「AEDのとき見つけやすいように」「はがれやすいため」などなにか理由があるのでしょうか?他の場所に貼付することも可能なのでしょうか?・ツロブテロール ・イクセロン ・ニュープロ ・エストラーナ ・メノエイド ・フランドル ・ニコチネル ・ニトロダーム ・ビソノ ・フェントス ・ノルスパン など

【A】各製剤の臨床試験時における資料などから、貼付部位における「バイオアベイラビリティの差」を主な検討対象として、試験が実施され、貼付部位の決定がされていると考えられます。

以下に挙げる薬剤は「胸部」と「腹部」のいずれかが貼付部位となっており、「胸部」と「腹部」を基準として、バイオアベイラビリティの同等性から他の部位が設定されていると考えられます。質問者にあるように、「AEDのとき見つけやすいように」「はがれやすいため」などの理由でも、貼付部位の検討の一つにもなるとは思います。

経皮吸収型製剤は以下に示す通り、貼付剤の種類によって異なっています。

・ホクナリンテープ‥胸部、背部、上腕部
・イクセロンパッチ‥胸部、背部、上腕部
・フランドルテープ‥胸部、背部、上腕部
・ビソノ…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】経皮吸収型製剤の貼付場所が製剤によって異なる理由は?

【質問】経皮吸収の貼付剤について 貼付部位がそれぞれ指定されていますが、「吸収がかわる」「AEDのとき見つけやすいように」「はがれやすいため」などなにか理由があるのでしょうか?他の場所に貼付することも...

【Q】背部痛の患者で、シップ剤を貼りたいが、貼ってくれる人がいない。前腕上部など貼付可能な範囲での使用は効果が期待できるか?

【A】一般的なシップ剤 (モーラスパップ、セルタッチパップなど) は局所作用型であるため、貼付した部分のみの適応であり、質問のような貼付方法では効果が期待できないと考えられる。腰貼りボード (久光製薬から...

新着記事

【Q】ダイアート錠の後発品は遮光保存であるが、先発品は遮光保存でない理由は?

【質問】ダイアート (AGの「DSEP」も含む) は、添付文書上に【遮光保存】の記載がなく、バラ錠も流通しているのに対して、ジェネリックのアゾセミド「JG」は【遮光保存】の記載があるのは何故でしょうか。 【A】2...

【Q】カロナール錠500mgが劇薬の理由は?

【質問】カロナールは何故500mgの規格だけが【劇薬】に区分されているのでしょうか。 成分が同じでも規格によって【劇薬】か否かが異なる薬剤はカロナールしか寡聞にして知りませんが、他にもあるんでしょうか。 ...

【Q】新型コロナ感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまでの接種期間は?

【質問】新型コロナウイルス感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまで、空けるべき期間には決まりがありますか? コロナワクチンとインフルエンザワクチンは同時接種可能、ずらして打つ場合も日数に...

新着記事をもっと見る