【Q】ペニシリンアレルギー患者に対するヘリコバクター・ピロリの除菌方法は?

【A】ペニシリン系抗菌薬が使用不可の患者に対するピロリ菌除菌は
【PPI (ランソプラゾール30mgなど) +シタフロキサシン100mg (1日2回)+メトロニダゾール250mg (1日2回) 7日間投与】 などが推奨されます。

保険適応となっているヘリコバクター・ピロリの除菌治療は、

一次除菌:プロトンポンプ阻害薬+アモキシシリン+クラリスロマイシン
二次除菌:プロトンポンプ阻害薬+アモキシシリン+メトロニダゾール

となっており、一次および二次除菌においてペニシリン系抗菌薬であるアモキシシリンはキードラッグとである。
(H. pylori感染の診断と治療のガイドライン2016改訂版Q&A)

しかしながら、患者によってはペニシリン系抗菌薬に対してアレルギーを有する場合があります。

ペニシリンアレルギーの発現頻度はおよそ3~7%とされ、重篤な症状から時には死に至るペニシリンショックについては0.004~0.015%と報告されている。(Helicobacter Research 15(1):67-69,2011)

ペニシリン系抗菌薬にアレルギーを有する場合には、以…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】ピロリ菌除菌後にPPIを継続する必要があるか?

【A】消化性潰瘍の患者は除菌後も継続する必要がある。それ以外の患者では必要はないと考えられる。 ピロリ菌除菌することでNSAIDsやバイアスピリンなど潰瘍発生リスクを低下させることができると報告されている...

新着記事

ツイミーグ (イメグリミン)はヨード造影剤と併用可能か?

【質問】メトホルミンはヨード造影剤と併用注意ですが、構造が似ているツイミーグ (イメグリミン)はヨード造影剤と併用しても問題はないのでしょうか? 【A】ツイミーグ (イメグリミン)は、メトホルミンと構造が...

甲状腺機能低下症の患者に対して沈降炭酸カルシウムが投与禁忌である理由は?

【質問】沈降炭酸カルシウム (商品名 カルタン)は、何故、甲状腺機能低下の患者に投与禁忌なのですか 【A】甲状腺機能低下症の患者は、カルシトニンの分泌が抑制されるため、血中のカルシウム濃度が高くなってし...

アバロパラチド(オスタバロ皮下注)からテリパラチド(フォルテオ皮下注)への切り替えは可能か?

【質問】アバロパラチドを開始しましたが、新薬の処方日数制限があり、14日毎の外来通院が難しく、2か月治療後継続困難となりました。テリパラチドへの切り替えは可能でしょうか?また、切り替えを検討する際、テ...

新着記事をもっと見る