【Q】インスリンを使用していない患者に対して病院や診療所から血糖測定器を貸すことは可能か?

会員からの「質問 & 回答」の投稿

「血糖自己測定器加算」の対象となるのは基本的にインスリン、もしくはGLP-1 を投与している患者であるため、病院や診療所からの貸し出しは基本的には行なっていないことが多い。

インスリンを使用していない患者は、自費で血糖測定器を購入していただくことになる。

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

キーワード検索

お知らせ

  • 【Q&A】の買取を始めました。

    2019.12.1

    CloseDi内における医薬品情報共有の充実化と活性化のため、会員の皆様から【医薬品情報に関する「質問と回答」】を期間限定で募集することになりました。

    【質問と回答】をお送りいただき、CloseDiに掲載された場合は、1記事あたり100円〜500円 のアマゾンギフトカードをメールにてお送りします。

    会員の方はTOPぺージにあるリンクから投稿をお願いします。

    非会員の方は会員登録をお願いします。

  • パンフレットを作成しました

    2019.2.27

過去のお知らせ一覧

新着記事

【Q】インスリン製剤等注射用ディスポーザブル注射器の販売は可能か?

【質問】特定保険医療材料は、自費購入(販売)可能ですか?例えば、インスリン製剤等注射用ディスポーザ...

【Q】キシロカインのアレルギー患者に対してエステル型局所麻酔薬は投与可能か?

【質問】キシロカイン(メチルパラベン含有)製剤に対してアレルギー疑いのある患者にエステル型局所麻酔...

【Q】プレフィルドシリンジを使って別のアンプルから薬液を採取することは可能か?

【質問】調剤薬局での無菌調剤の際、物品の入荷に時間がかかるのですが、同患者の調製に使ったプレフィ...

【Q】経皮吸収型製剤の貼付場所が製剤によって異なる理由は?

【質問】経皮吸収の貼付剤について 貼付部位がそれぞれ指定されていますが、「吸収がかわる」「AEDのと...

【Q】生理食塩液の院外処方の可否は?

【質問】院外処方で、生理食塩液を洗浄目的で単独処方する事は可能なのでしょうか?在宅患者で膀胱バル...

更新記事

【Q】他のオピオイド鎮痛剤を使用していない場合、フェントステープから開始できるか?

【質問】フェントステープはオピオイド導入の適応はありませんが、末期で在宅へ移行した患者さんでは導...

【Q】プレフィルドシリンジの内容量は表示量より多い?

【質問】点滴バッグやプレフィルドシリンジ、アンプルには少し多めの薬液が入っているかと思いますが、...

【Q】処方箋に記載できる注射薬は?アセリオやセレネースは?

【質問】アセリオやセレネースは在宅において調剤薬局から払い出す(調剤する)ことは可能なのでしょうか...

【Q】ステロイド点眼薬のステロイドの強さは?

【質問】点眼・点鼻用リンデロンA液、リンデロン点眼・点耳・点鼻液0.1%、リンデロン点眼液0.01%、フル...

【Q】輸液の混注口の保護キャップの入手方法は?

【質問】輸液の混注キャップについて エルネオパやハイカリックはメーカーから支給されるキャップを見た...

新着コメント

【Q】生理食塩液の院外処方の可否は?

【質問】院外処方で、生理食塩液を洗浄目的で単独処方する事は可能なのでしょうか?在宅患者で膀胱バル...

【Q】処方箋に記載できる注射薬は?アセリオやセレネースは?

【質問】アセリオやセレネースは在宅において調剤薬局から払い出す(調剤する)ことは可能なのでしょうか...

【Q】他のオピオイド鎮痛剤を使用していない場合、フェントステープから開始できるか?

【質問】フェントステープはオピオイド導入の適応はありませんが、末期で在宅へ移行した患者さんでは導...

【Q】輸液の混注口の保護キャップの入手方法は?

【質問】輸液の混注キャップについて エルネオパやハイカリックはメーカーから支給されるキャップを見た...

【Q】「不眠時」に対するセニラン坐薬の使用は審査機関から保険適応と認められるか?

【質問】以前にガン末期の患者さんに「不眠時」使用としてセニランの坐薬が処方され、錠剤には不眠に対...

関連記事

【Q】ランタス注とXRの違いは?

【A】ランタスXR注はランタス注の濃度を3倍にした製剤で、ランタス注を改良した製剤と位置付けされています。濃度を高くすることで注射液量が少なく、薬液の皮下での沈殿物が濃縮されており、表面積が小さいため...

【Q】シュアポスト錠とインスリンは併用可能か?

【A】併用可能である。シュアポスト錠の適応は「2型糖尿病」であり、インスリンとの併用も可能である。 2014年11月に添付文書上の適応が「2型糖尿病」に改定されるまでは「単剤」、「α – グルコシダーゼ」...

【Q】宗教上の理由で動物由来の製剤を使用できない患者にインスリン製剤を使用を予定している。ヒューマリンRとノボラピッドは動物由来のものか?

【A】ヒューマリンR注ミリオペンおよびノボラピッド注フレックスタッチは、ヒトインスリンを遺伝子改変した製剤である。動物製剤由来ではないと考えられる。 ヒトインスリン製剤が登場する前に使用されていたイン...