【Q】インスリン注射は何単位まで増量可能か?

【質問】1型糖尿病患者において、1日4回のインスリン注射の合計単位数が100を超えてなんとかコントロールできている場合、これを継続していても害はないのでしょうか?(高インスリン血症など)  トレシーバの添付文書には「4〜100単位/日」とありますが、それを超えるケースでは低血糖以外にどのような注意点があるのか、(外来で)どこまで増やせる範疇なのか、教えてください。

【A】

・現在、国内で使用されているインスリン製剤の添付文書には「4〜80単位/日もしくは4〜100単位/日」と記載されています。しかし、「用量を超えて使用することがある。」と追記されており、「4〜80単位/日もしくは4〜100単位/日」を超えた単位数を投与するケースも考えられます。

・インスリンの一般的な副作用として「頭痛、めまい、糖尿病網膜症の顕在化・増悪、注射部位反応  (疼痛、血腫、結節、熱感等)、体重増加」などが挙げられ、高用量インスリン使用時においても同様に注意が必要です。外来診療下において、どこまでインスリンの単位数が増やせるかは明確にはされておりません。経験測的には1型糖尿病は1日40単位…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】インスリン注射は何単位まで増量可能か?

【質問】1型糖尿病患者において、1日4回のインスリン注射の合計単位数が100を超えてなんとかコントロールできている場合、これを継続していても害はないのでしょうか?(高インスリン血症など)  トレシーバの添付...

【Q】ランタス注とXRの違いは?

【A】ランタスXR注はランタス注の濃度を3倍にした製剤で、ランタス注を改良した製剤と位置付けされています。濃度を高くすることで注射液量が少なく、薬液の皮下での沈殿物が濃縮されており、表面積が小さいため...

【Q】シュアポスト錠とインスリンは併用可能か?

【A】併用可能である。シュアポスト錠の適応は「2型糖尿病」であり、インスリンとの併用も可能である。 2014年11月に添付文書上の適応が「2型糖尿病」に改定されるまでは「単剤」、「α – グルコシダーゼ」...

新着記事

【Q】抗ヒスタミン点眼薬は何歳から使用可能か?

【A】主な抗ヒスタミン点眼剤は以下が挙げられます。点眼剤の年齢設定については使用経験がない、もしくは少ないことが主な理由です。点眼剤は全身への移行性が高くないことから、経験則的に添付文書に記載のある...

【Q】抗ヒスタミン点眼薬 コンタクトレンズ装着時の使用の可否は?

【A】抗ヒスタミン点眼薬のコンタクトレンズ装着時の使用可否について、主な抗ヒスタミン点眼薬である5種類を下記にあげました。ハードコンタクトレンズ装着時は基本的には点眼薬の使用は可能です。一方で、ソフ...

【Q】中等度腎機能低下患者の重症感染症に対してレボフロキサシン500mg隔日投与は妥当か。

【質問】サンフォードガイドによると、20≦CCr<50の推奨量(維持量)は750mg q48hと記載されている。 日本で販売されている規格は500mg錠or 250mg錠であり、1回量750mgの投与は通常ではない。 一方で、ニューキ...

新着記事をもっと見る