【Q】ランソプラゾールの15mg規格のみが「NSAIDs投与時の胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制」の適用となっている理由は?

【A】PPI (プロトンポンプ阻害薬) は低用量であっても「非ステロイド性抗炎症薬投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制」に対して効果があるため、ランソプラゾールに関しては低用量である15mgのみが適用となっています。

また、ラベプラゾール (商品名 : パリエット) 10mg, 20mgの発売後に5mg規格が追加されたように低用量の規格が、後に追加されたケースもあります。
一方で、ネキシウムカプセルは、2規格 (10mg, 20mg)のうち低用量(10mg)における臨床試験を行なっておらず、高用量 (20mg) のみが適用となっています。

以上より、「副作用の観点から低用量の規格のみの適用」、「十分な効果を期待するという観点から高用量の規格のみの適用」の薬剤があると考えられます。

以下に詳細を記載します。

ラベプラゾール (商品名 : パリエット)について
パリエット錠10mg, 20mgは1997年に発売されましたが、2015年に「低用量アスピリン投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制」のためにパリエット錠5mgが剤形追加となりました。

パリエットの用法用量は「低用量…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】ピロリ菌除菌後にPPIを継続する必要があるか?

【A】消化性潰瘍の患者は除菌後も継続する必要がある。それ以外の患者では必要はないと考えられる。 ピロリ菌除菌することでNSAIDsやバイアスピリンなど潰瘍発生リスクを低下させることができると報告されている...

【Q】オメプラゾールとネキシウムの換算は1:1でよいか?

【A】オメプラゾール : ネキシウム (成分名 : エソメプラゾール)の用量の換算は1 : 1であると考えられる。 添付文書上での用法用量は同量であり、また、非劣性試験において、オメプラゾール20mgとネキシウム20mg...

新着記事

【Q】抗ヒスタミン点眼薬は何歳から使用可能か?

【A】主な抗ヒスタミン点眼剤は以下が挙げられます。点眼剤の年齢設定については使用経験がない、もしくは少ないことが主な理由です。点眼剤は全身への移行性が高くないことから、経験則的に添付文書に記載のある...

【Q】抗ヒスタミン点眼薬 コンタクトレンズ装着時の使用の可否は?

【A】抗ヒスタミン点眼薬のコンタクトレンズ装着時の使用可否について、主な抗ヒスタミン点眼薬である5種類を下記にあげました。ハードコンタクトレンズ装着時は基本的には点眼薬の使用は可能です。一方で、ソフ...

【Q】中等度腎機能低下患者の重症感染症に対してレボフロキサシン500mg隔日投与は妥当か。

【質問】サンフォードガイドによると、20≦CCr<50の推奨量(維持量)は750mg q48hと記載されている。 日本で販売されている規格は500mg錠or 250mg錠であり、1回量750mgの投与は通常ではない。 一方で、ニューキ...

新着記事をもっと見る