【Q】ヘリコバクター・ピロリの二次除菌に失敗した場合の対応は?三次除菌は?

保険適応外ですが、いくつかの三次除菌の方法が報告されています。。 三次除菌は「PPI+アモキシシリン1500mg+シタフロキサシン200mg」となります。 (J Gastroenterol.48 : 1128-1135, 2013)。シタフロキサシンの代わりにレボフロキサシンを使用することもあるが、耐性化が懸念されています。 以下の報告もされています。

プロトンポンプ阻害薬、アモキシシリンまたはメトロニダゾール、シタフロキサシンの3剤併用療法

例)ラベプラゾール10mg 1回1錠 1日4回 + アモキシシリン250mg 1回2CP 1日4回 + シタフロキサシン50mg 1回2錠  1日2回 7日間または14日間 例)ラベプラゾール10mg 1回1錠 1日4回 + メトロニダゾール250mg 1回2錠 1日2回 + シタフロキサシン50mg 1回2錠  1日2回 7日間 参考)H. pylori感染の診断と治療のガイドライン2016改訂版Q&A
上記の (例) のラベプラゾール10mgを1回1錠 1日2回とする例もあります。ラベプラゾール10mgを1日2回投与するのか、1日4回投与するのかの判断は、患者のCY…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】サワシリン (アモキシシリン) を88歳男性、ICDの置換術後の創部感染に使いたいが、eGFR38程度である。投与量はどの程度に設定すれば良いか。

【A】eGFR 38の腎機能低下患者に対してのサワシリン(アモキシシリン)の投与量は1回250mg (8〜12時間毎) など腎機能正常患者より減量する必要があると考えられる。(サワシリン錠250を2Cp分2など) 資料によって投...

新着記事

【Q】カロナール錠500mgが劇薬の理由は?

【質問】カロナールは何故500mgの規格だけが【劇薬】に区分されているのでしょうか。 成分が同じでも規格によって【劇薬】か否かが異なる薬剤はカロナールしか寡聞にして知りませんが、他にもあるんでしょうか。 ...

【Q】新型コロナ感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまでの接種期間は?

【質問】新型コロナウイルス感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまで、空けるべき期間には決まりがありますか? コロナワクチンとインフルエンザワクチンは同時接種可能、ずらして打つ場合も日数に...

【Q】心不全におけるファンタステック4とは?それぞれの投与の順番は?

【A】心不全(左室駆出率の低下した心不全=HFrEF(ヘフレフ))に対して「βブロッカー」「SGLT2阻害薬」「ARNI」「MRA」の4剤を投与することが全死亡の減少に有効であると数々の文献で、報告されています。 ・日本...

新着記事をもっと見る