【Q】プレフィルドシリンジ製剤を無菌調整する場合、包装を開封するタイミングは?

【質問】プレフィルドシリンジ製剤について質問です。 調剤の際、「調剤室→前室→無菌室→クリーンベンチ内」のどの地点で包装から取り出していますか?また、取り出すことが可能だと考えますか?  シリンジの先に封やキャップがあり、プランジャーを往復させることもないのでベンチに入れる前に包装のゴミを捨ててもいいのではないかと思うのですが、ベンチ外でどこまで包装を開けていいものかわかりません。

【A】明確に定めたものはなく、各薬局のマニュアルによって異なるかと思いますが、プレフィルドシリンジ製剤を包装から取り出して、すぐに前室 (パスボックス)に入れるのがいいと考えられます。前室 (パスボックス)には殺菌等があり、包装のまま、パスボックスに入れて無菌室に持ち込むよりかは、汚染のリスクが低くなるのではと考えられます。

一方で、外包装をアルコールで噴霧し、パスボックスに入れるケースもあり、各薬局のマニュアルに従う必要があります。

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】混注後の輸液キャップが外れた場合の対応について

【質問】混注後の輸液キャップについて  無菌室にて混注・キャップをして持ち出したあと、冷蔵庫でキャップが外れていることに気付いた場合、エタノールで清拭すれば無菌室外で再度封をすることでその輸液は使用...

【Q】プレフィルドシリンジの内容量は表示量より多い?

【質問】点滴バッグやプレフィルドシリンジ、アンプルには少し多めの薬液が入っているかと思いますが、この「多めの量」というのは+何%などの規定や目安はあるのですか?プレフィル製剤をホルダーで入れるときに...

新着記事

【Q】抗ヒスタミン点眼薬は何歳から使用可能か?

【A】主な抗ヒスタミン点眼剤は以下が挙げられます。点眼剤の年齢設定については使用経験がない、もしくは少ないことが主な理由です。点眼剤は全身への移行性が高くないことから、経験則的に添付文書に記載のある...

【Q】抗ヒスタミン点眼薬 コンタクトレンズ装着時の使用の可否は?

【A】抗ヒスタミン点眼薬のコンタクトレンズ装着時の使用可否について、主な抗ヒスタミン点眼薬である5種類を下記にあげました。ハードコンタクトレンズ装着時は基本的には点眼薬の使用は可能です。一方で、ソフ...

【Q】中等度腎機能低下患者の重症感染症に対してレボフロキサシン500mg隔日投与は妥当か。

【質問】サンフォードガイドによると、20≦CCr<50の推奨量(維持量)は750mg q48hと記載されている。 日本で販売されている規格は500mg錠or 250mg錠であり、1回量750mgの投与は通常ではない。 一方で、ニューキ...

新着記事をもっと見る