【Q】ビーフリード輸液とアドナ注とトランサミン注の配合変化は?

【A】3剤混合のデータはない。下記のデータより24時間は安定と考える。
(実際の現場で3日間冷蔵保存にて沈殿物などの外観変化はなかった。1例のみであり、エビデンスはない)
ビーフリード輸液→開通後、常温にて1週間安定。バック自体が遮光となっており、遮光袋は不要。
ビーフリード輸液+アドナ注→24時間安定
ビーフリード輸液+トランサミン注→24時間安定
以上から少なくとも24時間は安定。
(参考 : 大塚製薬工場 ビーフリード配合変化表)
http://www.otsukakj.jp/med_nutrition/haigou/pdf/bfluid_print.pdf

アドナ注➕トランサミン注→24時間安定 (田辺三菱製薬 社内資料)
アドナ注➕アミノフリード輸液→24時間安定 (田辺三菱製薬 社内資料)
アミノフリードはビーフリードのなかからビタミンB1を抜いたもの。

 
 

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】薬はどのような機序で着色尿を出させるか?

【質問】便の色、尿の色が変わる薬剤について、その機序を教えてください。 【A】尿が着色する原因として、「未変化体自体に色がある」、「代謝物に色がある」ことが多いと考えられます。色がある「未変化体」や...

【Q】軟膏の配合変化の目安は?

【質問】軟膏の配合変化について質問です。ハンドブックに載っていない組み合わせのとき、みなさんはどのように考えていますか?軟膏、クリーム、o/w、w/oなどいろいろなワードを習いましたが、結局配合しても問...

【Q】簡易懸濁法の配合変化は?

【A】簡易懸濁法は基本的には、簡易懸濁後、長時間放置すると有効成分の分解や配合変化の恐れがあり、10分を超えて放置しないことが必要です。また、簡易懸濁法の配合変化は、注射薬の配合変化などと比較して、ま...

新着記事

【Q】ダイアート錠の後発品は遮光保存であるが、先発品は遮光保存でない理由は?

【質問】ダイアート (AGの「DSEP」も含む) は、添付文書上に【遮光保存】の記載がなく、バラ錠も流通しているのに対して、ジェネリックのアゾセミド「JG」は【遮光保存】の記載があるのは何故でしょうか。 【A】2...

【Q】カロナール錠500mgが劇薬の理由は?

【質問】カロナールは何故500mgの規格だけが【劇薬】に区分されているのでしょうか。 成分が同じでも規格によって【劇薬】か否かが異なる薬剤はカロナールしか寡聞にして知りませんが、他にもあるんでしょうか。 ...

【Q】新型コロナ感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまでの接種期間は?

【質問】新型コロナウイルス感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまで、空けるべき期間には決まりがありますか? コロナワクチンとインフルエンザワクチンは同時接種可能、ずらして打つ場合も日数に...

新着記事をもっと見る